キャンピングカー アウトドアジュニア.NET

キャンピングカー アウトドアジュニア・OUTDOOR-JRを紹介するサイトです。内装・外装・装備・改造・旅行記なども充実。

グッズ・装備

たこ焼き・焼きそばを同時に作る!キャンプオススメ!両面ホットプレートアイリスオーヤマ

投稿日:

アイリスオーヤマ ホットプレート 角型 両面 プレート3枚というヤツがある。いまオレが一番欲しいホットプレートだ。

えっ、キャンプにホットプレート?

そう思う方もいるだろう。

アイリスオーヤマ ホットプレート 角型 両面 プレート3枚

通常、キャンプで焼き物やバーベキューとなると直火系、炭系のバーベキューコンロ・バーベキューグリルとなるだろう。

しかし、我々はこのところ、そのような火をおこすやつを使わない。

まず火おこし系のバーベキューグリルは・・・

  • グリルの組み立てが面倒
  • 火をおこすのが面倒
  • 火が安定するのに時間がかかる
  • 夏はメッチャ暑い・・・
  • 食材をグリルにのせたらきちんと見てないと黒焦げ
  • 後片付けが面倒
  • グリルやコンロを洗うのも面倒
  • 火があぶない
  • 風が吹いたらダメ。強風下はヤバイ

というわけで、酒やビールのアテを焼くのにバーベキューグリルは不適格と思っている。実際にこのところバーベキューグリルやコンロの出番を見たことがない。

たこ焼き

では、何で調理をするかというと、冒頭タイトルのように「ホットプレート」なのですよ。

これが抜群に使い勝手が良い。風に強いしね。

ホットプレート

特にジェネレーターを積んでいる我々はホットプレートを使うことに関して、全く問題なし。

コンセントつなげば、すぐに食材があたたまる。スーパーの半額お惣菜も、ホットプレートの上でコロコロすれば、抜群のうまさだ。

焼きそば

焼きそばもウマい。

ホットプレート

餃子も焼き部分がカリカリになり、揚げ物もサクサクになるのだよ。これが。

残った刺し身やはんぺんなどもあたためると、またウマい。

たこ焼き

そして、プレートを交換すれば、たこ焼き、お好み焼き、焼きそばと粉もんのオンパレードになるのだよ。わかる?

そして、このところ、今使っているホットプレートにも不満が出てきている。その不満が以下だ。

  • ホットプレートが大きい。車内で邪魔
  • プレートがバラバラで、セッティングが面倒
  • たこ焼きをやると、その間他の食材を食べられない
  • お好み焼きをやる時たこ焼きも食いたい
  • 焼きそば焼きながら、お好み焼き同時進行したい
  • 後片付けをもっと簡単にしたい。

という、ふざけた考えで行き着いたのが「アイリスオーヤマ ホットプレート 角型 両面 プレート3枚 オレンジ」と、言うわけだ。

コレは何がいいかというと、何しろコンパクト。それに両方に蓋を開けば、すぐに調理スタート。

さらに両方で温度管理が出来る。片方で強火焼肉、片方はお惣菜をゆっくりあたため・・・

そして何と言っても、たこ焼きと焼きそば、お好み焼きが同時進行できるということを実現してくれるのだ。

大きさも今のホットプレートのほぼ半分。そりゃそうだ。半分に折りたたまれるのだから。

ヤバイ買ってしまいそうだ。次のオフ会はいつだっけ。

多分それに合わせて、買っちゃうだろうな。もしくはセールになって5,000円位になったら行くよ。うん。

そうそう、電気はダメって方は、やっぱり炉端大将ね!これもいい!

炉端

アイリスオーヤマ ホットプレート 角型 両面 プレート3枚

  • 商品サイズ(cm):幅約65×奥行約33.6×高さ約9
  • AC100V 50/60Hz
  • 消費電力:1300W
  • 付属品:平面プレート、ディンプルプレート、たこ焼きプレート(20穴)
  • ヒーター:650W×2 温度設定:切、約80℃(保温)~約250℃
  • 使用時サイズ:幅約65×奥行約33.6×高さ約9 折りたたみ時サイズ:幅約15.5×奥行約33.6×高さ約34.3cm コードの長さ:約1.8m
  • 材質:フェノール、ナイロン、アルミ
  • 本体重量(kg):4.7
  • この記事を書いた人
yasu

yasu

キャンピングカーアウトドアジュニア、でんでん号であちこち飲みに出かけているYasuです。このところはCB223S、ロードバイクを積んで走っています!

-グッズ・装備

Copyright© キャンピングカー アウトドアジュニア.NET , 2018 All Rights Reserved.