内装・外装・設備

Wifiを車載する方法!おすすめ車載Wifiと実際のやり方

投稿日:

wifi 車載

記事はプロモーションが含まれています

車載でWIFIを使いたい!今の車はもちろん、車中泊車やキャンピングカーはインターネットに接続されることでやることやできることがマジで増える。

キャンピングカーを運転している時のナビはもちろん、音楽を聞くのは日常だし、キャンピングカーを停泊させて車内でネットを使い調べ物、さらにはネットを使ったVODを見ることもあるだろう。

テレビアンテナがイマイチの時、このネットTVが見られることは本当に大きなアドバンテージだ。

というわけで、現代のキャンピングカーで切っても切り離すことができないインターネットを接続する方法なキャンピングカーでWifiを使うための方法をチェックしてみよう。

もちろんできるだけ格安で行えることに越したことはない。

格安SIMを使う方法

キャンピングカーでWifiを使う方法で一番簡単で格安なのは間違いなく格安SIMを使うことだろう。

格安SIMのおすすめ

オレはずっと楽天モバイルを使っている。

3Gまでなら月額980円となっている。

その他、マイネオやらPOVOなど使い方や状況に応じていろいろな格安SIMが出ているからチェックをしてみよう。


さらにつなげっぱなしで無制限で月額298円からという、超激安なのが「ロケットモバイル」の神プランだ。マジで安い。コレについては記事の最後にウチのWIFI環境で言及をしているので、ぜひ見てほしい。

なんで安いかというと・・・下り最大200kbps、月間総量規制なしプランということ。ゲーム、SNS、音楽、ラジオアプリ専用機などの2台持ちとして、テキストSNS、音楽ストリーミング・ラジオ配信アプリなどを使うのに最適となっている。

スマホにSIMを入れテザリングを利用する

SIMはそのままでは使うことができない。そのSIMをスマホやWifiルーターに入れる必要がある。

一番簡単なのは安いSIMフリースマホを手に入れることだろう。

UMIDIGI G1スマホ Android 12 GO

SIMフリースマートフォン

出典:アマゾン

  • Android 12 GO アンドロイド
  • 本体 32GB ROM
  • 6.52 HD+フルスクリーン
  • SIMフリー スマートフォン
  • 本体13MPメインカメラ 5150mAh
  • 3GB RAM

1万円そこそこの格安スマホ。スペックはそこそこで十分。

モトローラ Moto G7 Power PAEK0002JP/A

モトローラ Moto G7 Power セラミックブラック

出典:アマゾン

  • Android 9.0, Qualcomm Snapdragon 632 (SDM632), 1.8GHz ×8 オクタコアCPU, Adreno 506
  • 6.2インチ、 1,520 x720 (HD+, 271 ppi) LTPS液晶
  • RAM / ROM : 4GB / 64GB バッテリー:5,000mAh
  • IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz), Bluetooth 4.2
  • SIMタイプ:nanoSIM, インタフェース:マイクロUSB TYPE-C、イヤホンマイクジャック、microSDスロット
  • 指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、近接センサー、環境照度センサー
  • 15W ターボパワー充電器同梱

ちょっと大きめモトローラのSIMフリースマホ。

RAM / ROM : 4GB / 64GB。 バッテリー:5,000mAhとなっていてかなり大きめ。もちろんドコモのLTE Band19もサポートしている。

モバイルルーターにSIMを入れて利用する

次にお手軽なのはモバイルWIFIルーターを使うことだ。ルーター専用機なので、複数台接続や自宅に持ち帰っての利用などにもよい。

アイ・オー・データ 利用バンド指定可能 WiFi ルーターWN-CS300FR

モバイルルーター SIMフリー

出典:アマゾン

  • SIMフリー4G/LTEルーター
  • [対応キャリア]NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル
  • 約133(W)×133(D)×35(H)mm/約210g(本体のみ)
  • [無線規格]IEEE802.11n、IEEE802.11g、IEEE802.11b、[LAN]RJ-45×1ポート

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

出典:アマゾン

  • 連続通信時間最大20時間
  • SIMフリー
  • docomo、KDDI、softbankの各社周波数帯をサポート
  • 充電/有線LANクレードル対応(別売)
  • IEEE802.11ac対応
  • Bluetoothテザリング対応
富士ソフト
¥9,500 (2024/04/13 08:58:25時点 Amazon調べ-詳細)

PA-MP02LN-SA Aterm MP02LN LTEモバイルルータ

ポータブルWiFiルーター

出典:アマゾン

  • モバイルWi-Fi 連続通信時間 約10時間 対応通信方式FD-LTE HSPA W-CDMA
  • 802.11a/b/g/n/ac, 5 GHz無線周波数, 2.4 GHz無線周波数

USBドングルにSIMを入れて利用する

USBドングルというのもかなりお手軽。Wifiルータよりは機能は落ちるが、なんといっても価格が安い。あとパソコンやUSBアダプターなどに刺せば使えるというのもかなり使い勝手が良いだろう。

ピクセラ LTE対応 SIMフリー USBドングル PIX-MT110-AZ

USBドングル

出典:アマゾン

  • nanoSIMカードをセットしてUSB Type A接続するだけでWi-Fi環境に早変わり
  • パソコンでLTE通信しながら、無線LANアクセスポイントとしても使える
  • LTE通信速度 下り 最大 150Mbps、上り 最大 50Mbps

カシムラ SIMフリー 無線ルーター USB電源タイプ NKD-249

USBドングル

出典:アマゾン

  • docomo, au, softbank, rakutenに加え、各種格安SIMに対応
  • エンジンのON/OFFに連動して、車内にWi-Fi環境構築
  • 通信速度:受信時最大 150Mbps、送信時最大50Mbps

契約不要のギガセットモバイル WiFiルーター

あらかじめギガがチャージされているモバイルルーターもある。車載にするなら使いやすいかもしれない。

ギガチャージはお変わりできるものが殆どで、届けばすぐ使えギガがなくなればすぐにチャージできる簡単さ。

[リチャージWiFi] モバイル ポケット WiFi ルーター

WiFi ルーター

出典:アマゾン

  • 国内4G/LTE 100ギガ付き データ通信の有効期間は、開通日から1年間
  • マルチキャリア docomo・au・Softbank・Rakuten
  • 最大通信速度:上り50mbps /下り150mbps バッテリー持続時間:約13時間

ぷらすWiFi T7 白 月額固定なし クラウドSIM モバイルルーター 5GB¥380

WiFi ルーター

出典:アマゾン

  • クラウドSIMとしてチャージ利用可能です。基本料金などはなく、チャージ料金のみ
  • 速度:下り150Mbps/上り50Mbps
  • 利用可能エリア:docomo、au、SoftBankエリア(国内)海外エリアはアプリにて確認

モバイル・ポケットWiFiルーターを使う方法

モバイル・ポケットWifiもキャンピングカーでネットを繋げる方の方法の一つです。

自宅でも光回線などのネット回線ではなく、ポケットWifiを使っている方も多いかと思います。一人暮らしの方であれば、その回線をキャンピングカーに持ち出せばOK。

しかし、家族がいる状態で回線を持ち出してしまっては、ちょっと困ることも。こんな場合、やはり自宅は光回線、キャンピングカーなどの持ち出しはポケットWifiなどと使い分けるとよいだろう。

格安SIMよりも大容量が提供されるポケットWifiを見ていこう。

プラン/概要 月額 月容量 容量制限 下り速度 契約期間 解除料
2,695円 100GB 無制限 150Mbps 2年 4,950円
2,980円 無制限
(月間300GB)
無制限 150Mbps 2年 9,500円
3,718円 100GB 無制限 150Mbps - いつ解約しても解約違約金は0円
チャージ式 100GB
6,480円
無制限 150Mbps - -

ポケットWifiをちょっとチェックしてみた。

これ見ると、とりあえずギガWifiがいいんではないかな。このところは契約不要なチャージ式もかなり増えている。

通信速度はすべて横並びの150Mbpsとなっている。

ウチの車載Wifiの場合

ウチのキャンピングカーにもWifi環境をつくってある。通信速度は非常に遅いロケットモバイル(200kbps)となっている。コレにはGoogleマップのナビ、アレクサ、スマートプラグ、スマホGPSなどをつなげている。

アレクサはキャンカー車内にあるとスマートプラグを使い製氷機や電気毛布のオンオフができたりする。

また使っていないスマホをGPSオンにしておき置いておくことで簡易セキュリティ(デバイスを探す)になる。

Wifi環境を作る上では据え置き型のSIMフリーWifiルーターを使用した。使っているルータはこちらの「HOME L02」です。

WiFi ルーター

出典:アマゾン

  • 1Gbps対応の高速ホームルーター
  • 360度を全方位カバーする4本の高感度アンテナを搭載、電波をしっかりキャッチ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング搭載で安定性と通信速度が向上
UQ
¥8,000 (2024/04/13 08:58:29時点 Amazon調べ-詳細)

UQモバイルのホームルーターで底面にSIMを差し込む構造になっている。これにロケットモバイルを指すことで問題なくつながった。

Wifi環境を要らないスマホなどを使い、テザリングという方法をとってもいいだろう。しかし「デバイスを探す」利用のため常時GPSを動かしたり、スマホをいつも充電器に付けているとすぐにスマホが駄目になる。バッテリーが膨らんでしまうのだ。

ホームルーターであればバッテリーは内蔵されていないので、その心配はない。24時間動かしっぱなしであればホームルーターのほうがいいだろう。

通信に使う格安SIMはロケットモバイルを使っている。月額300円ほど。通信スピードは200kbpsとブラウジングも難しいスピードだがGoogleマップやアレクサ、スマートスイッチにスマホのGPSを動かすなら問題なし。

簡易的ではあるが車載Wifi環境を作るにはよいのではないだろうか。

もしロケットモバイルを考えているなら契約時以下のコードを入れると200ポイントもらえるので、ぜひ使ってみてほしい。

まとめ

キャンピングカーでWifiを使うにはいろいろな方法がある。普通自動車で使うよりも楽にWifi環境を構築できるのではないだろうか。

なんといっても、インバーターなどを積んでいるキャンカーであれば、ACが使え、利用できるデバイスの幅も広い。

まぁ一番簡単なのは格安SIM(MVNO)を使って格安SIMフリースマホを利用するのが一番使い勝手が良い。おれもSIMフリースマホを1つ購入してウチのキャンピングカーにWIFI環境を作ろうと思っているよ。

-内装・外装・設備

Copyright© アウトドアジュニア.Net【でんでん号】 , 2024 All Rights Reserved.