ウェブログ 内装・外装・設備

500Wソーラー+バッテリー4本で家庭用エアコンは使える?

投稿日:2019年9月12日 更新日:




500Wソーラーパネル太陽光発電とディープサイクルバッテリー4本でスタンドアロンでエアコンは使えるか、ちょっと実験をしてみた。

うちのキャンピングカーアウトドアジュニアには現在ソーラーパネルが250W×2枚乗っている。

さらに安物ではあるがエーシデルコのディープサイクルバッテリーが合計4本搭載されている。この状態だと、なんとAC100Vのコンセントがなくても、日中であればエアコンが動くのだ。

それがどの程度実用的なのか、ちょっとチェックをしてみよう。

まずはうちのキャンピングカーに乗っているソーラーパネル周りの機材についてチェック。

ソーラーパネル250W×2枚

ソーラーパネル250W×2枚
  • ソーラーオフ
  • カナディアンソーラー 太陽光発電パネル
  • CS6V-250MS ソーラーパネル
  • 単結晶250W

現在、このソーラーパネルの販売は無いようだ。まぁ、ソーラーに関しては、どんどんといいものが出てくるので、問題ないだろう。

実際に、このソーラーの1638mm×826mmというサイズが、ギリギリでジュニアのバンクベッド上に2枚乗るのだ。それで500w確保。

オレが購入したのが2019年4月で1枚21,060円×2枚=42,120円であった。

ルーフに搭載

ちなみにルーフにはこのように搭載されている。たぶんジュニアのバンクベッド上に乗るソーラーパネルの最大サイズと思われる。

Y&H 60A MPPTソーラーチャージコントローラー

Y&H 60A MPPTソーラーチャージコントローラー

  • インテリジェントな最大電力点追跡技術。最大効率≧98.1%、PV利用率≧99%
  • 高性能の内蔵DSPコントローラ自動バッテリ電圧検出12V / 24V / 36V / 48V
  • LCDディスプレイのPVとバッテリーのステータス。動作モード、夜間モード、充電なし、MPPTモード、吸収モード、フローティングモード、トラブルシューティングのプロンプトは、あなたの太陽系が正常に動作するようにする方法を教えてくれます。
  • リチウムベント封止ゲルNiCdバッテリーに最適

MPPTソーラーチャージコントローラーは60Aとなっている。

エーシーデルコ ディープサイクルバッテリーM27MF×4本

エーシーデルコ ディープサイクルバッテリーM27MF×4本

  • [CCA ]550
  • [ RC ]160(分)
  • [ サイズ ]総高さ231㎜ 幅174㎜ 長さ322㎜
  • 液入り重量約24.9㎏
  • [ 端子タイプ ]ツイン
  • [ 適合バッテリー ]M27MF

いろいろと問題点も指摘されているエーシデルコのディープサイクルバッテリー

こいつを4本積んでいる。搭載場所はサイドの収納ボックスに3本と車両バッテリー1本。

IpowerBingo インバーター 正弦波 12V 2000W

IpowerBingo インバーター 正弦波 12V 2000W

  • 入力電圧:DC12V(10-15.5V)
  • 出力電圧:AC100V5%
  • 定格出力:2000W
  • 瞬間最大出力:4000W
  • 出力波形:正弦波
  • 出力周波数:50Hz/60Hz
  • 高性能の純正弦波インバーター:家庭のAC110V電流波形は図のような規則正しい正弦波形
  • ほとんどの電気製品で使用可能です,精密機器もOK
  • 回路保護:入力低電圧警報音、低電圧遮断、過温度遮断、過負荷遮断、 短絡遮断 、入力過電圧保護、入力逆接続保護機能

ちょっと微妙な中華製正弦波インバーター。「純正弦波」というのも怪しさ抜群。ダメな場合は冷蔵庫がそっこーやられるだろうw

定格出力も2000wあるが、ホントだろうか。とりあえず、エアコンと冷蔵庫とテレビの同時稼働できるとうれしい。500wのソーラーだと・・・徐々にバッテリーの電気食いつぶして、天気のいい日中ギリギリ持つくらいかなー

500Wソーラー+バッテリー4本で家庭用エアコンは使えるか?

エアコン

自宅でつなげているAC100Vのコンセントを抜く。エアコンをインバーターから来ているコンセントに差し込む。そーするとインバーターから供給される電気でエアコンが立ち上がる。

エアコンリモコンの室温は24度に設定。アウトドアジュニア室内なので、ソフト運転もする。

ちなみにジュニアに搭載されている冷蔵庫(70L、70W位)も同時運転する。当たり前だ。キャンカーに日中いてエアコンだけということはないだろう。室内のLED照明ももちろん点ける。今回は室内に滞在しなかったので、テレビはつけなかった。次回の実験はぜひ同時に稼働をしたい。

第1回実験日:2019年9月12日

天気

埼玉の気温は日中余裕で30度を超えていた。実験した日の状況は以下。

  • 12時-16時
  • 晴れ時々くもり
  • 気温31度

エアコンスタートをして約1時間。室内はしっかり冷えている。これがなんちゃってクーラーなどとは違う、家庭用エアコンの実力だ。

この時点でバッテリー容量は95%。電圧も約12.6Vなのでとりあえず問題はない。

お昼から約3時間ほど冷蔵庫とエアコンを動かし続けた状態。

バッテリー充電量は81%となった。

天気はこんな感じで、先ほどからちょっと雲が出てくる。

太陽は雲から出たり入ったりの状態を続ける。こんな感じで16時ころまで動かしたが、エアコンも冷蔵庫も全く止まることなかった。

バッテリーは最終的に79%で終了。

きちんと太陽が出ていれば、発電機を回すこと無く冷蔵庫とエアコンを稼働することができた。晴天雲無しであればテレビも行けるよう感じる。

500Wソーラー+バッテリー4本でエアコン/冷蔵庫/テレビ同時稼働

500Wソーラー+バッテリー4本を使い、エアコンと冷蔵庫とテレビの同時稼働は可能なのか? 通常キャンピングカー車内で過ごす場合、誰しもがエアコン、冷蔵庫の常時稼働。さらにそこにテレビまで見ることができ ...

まとめ

ソーラーパネルとバッテリーのみで冷蔵庫とエアコンを動かしてみたが、全く問題なく4時間ほど稼働できた。これなら非常に実用的であると思う。

走りながら、キャンピングカーの室内を冷やすことも可能だろう。

これから9月10月11月の秋口は日中けっこう暑くなるはず。そうするとこのようにエアコンをつける場面も出てくるかもしれない。

夕方になって電気が少なくなりバッテリー容量も心配になるが、シャワーの湯を沸かすため発電機を1時間ほど回せば、夜用のバッテリー満充電は確保できるだろう。

これで夜は心配なし。夜間寒くなってのFFヒーターも問題ないと考える。

今後も、このようなテストをしてソーラーパネルの実用的な容量とバッテリーの適切な本数をチェックしていきたいぞ。

コチラも見てみませんか?



-ウェブログ, 内装・外装・設備

Copyright© アウトドアジュニア.Net , 2019 All Rights Reserved.