キャンピングカー アウトドアジュニア.NET

キャンピングカー アウトドアジュニア・OUTDOOR-JRを紹介するサイトです。内装・外装・装備・改造・旅行記なども充実。

ウェブログ

2018年版:猛暑のキャンピングカー・車中泊は標高の高い「道の駅」がオススメ!

投稿日:2017年8月28日 更新日:

キャンピングカーは快適に寝られるが、今年の夏も暑い。エアコンがなければ寝られないではないか!

このところ暑さが苦手なキャンピングカーでんでん号乗りのYasuです。こんにちは。

さて、今年もやたら熱い日が続く関東ですが、いかがお過ごしでしょうか。

夏のキャンプと言えば、海沿いのキャンプ場などは定番ですが、とてもじゃないけどこの熱帯夜では寝られないこと間違いなしです。

9月にもなれば、少しは涼しくなるかもしれませんが、それでも下界は暑いでしょう。シルバーウィークも近づくこともあり、やはりキャンピングカーで寝るには暑いよりも涼しい方がいいでしょう。

そこで、標高の高い道の駅というものをチェックしてみました。

標高(高さ)と気温の関係

キャンピングカー、車、バイク、オレなら自転車などで峠を登った時、どんどんと頂上へ近づくと、だんだん気温が下がっていくことを感じると思います。

特に夏であれば、下界は30度を超える気温が、峠に近づいて窓を開けたりすると涼しい風に驚く時もあります。

さて、標高を1000m登ると約6.5度気温が下がります。下界が30度であれば、標高1000mのところまで登ると23.5度となり、これが夜になれば、もっと気温が下がるでしょう。

キャンピングカーも20度程度の気温になれば、かなり快適になります。

窓を少し開けて、ベンチレーション回し、室内は扇風機で空気を循環させれば素晴らしく快適に寝られるでしょう。

エアコンよりも自然の空気、そして不自然に下げた室温よりも快適なのは言うまでもありません。

日本で1番標高の高い道の駅:美ヶ原高原美術館(2000m)

美ヶ原高原美術館

堂々第1位は道の駅「美ヶ原高原美術館」となっている。

標高は2000m。ここは本当に涼しい。夏に行っても非常に快適な気温だ。

標高の高い道の駅

その他も、標高の高い道の駅はかなりたくさんあります。チェックしてみました。

岩手県の標高の高い道の駅

山形県の標高の高い道の駅

宮城県の標高の高い道の駅

福島県の標高の高い道の駅

埼玉県の標高の高い道の駅

群馬県の標高の高い道の駅

栃木県の標高の高い道の駅

山梨県の標高の高い道の駅

長野県の標高の高い道の駅

静岡県の標高の高い道の駅

富山県の標高の高い道の駅

岐阜県の標高の高い道の駅

愛知県の標高の高い道の駅

まとめ

日本の道の駅は標高の高い場所にけっこうある。

真夏でも500m程度標高が高くなれば3度は下界より低く、また夜になれば、かなり涼しくなるであろう。

暑い日などは、このような標高の高い道の駅を巡ってみてはいかがだろう。



  • この記事を書いた人
yasu

yasu

キャンピングカーアウトドアジュニア、でんでん号であちこち飲みに出かけているYasuです。このところはCB223S、ロードバイクを積んで走っています!

-ウェブログ

Copyright© キャンピングカー アウトドアジュニア.NET , 2018 All Rights Reserved.