キャンピングカー アウトドアジュニア.NET

キャンピングカー アウトドアジュニア・OUTDOOR-JRを紹介するサイトです。内装・外装・装備・改造・旅行記なども充実。

ウェブログ 整備・メンテナンス

【 悲報 】 シートカバーにアイロン当てたら一発で溶けた・・・・ 【 悲劇 】

投稿日:2015年6月17日 更新日:

シートカバーを洗濯した。すごいきれいになった!

喜んでカバーをクッションにかぶせようとしたのだが・・・・やっぱりというか、カバーが縮んでうまく入らない。

外すのも大変だったのに、縮んだら、入れるほうはさらに大変。

シートカバー

そんなことで悪戦苦闘していたら、嫁さんが・・「アイロンかけると縮み取れるよーー」と教えてくれた。

というわけで、ちょっとテストをしてみよう。

そしたら嫁さんが・・・

わーーーーーーごめーーーーん!!

エッ??なに???

マジか・・・一発で溶けた。

アイロン跡くっきり・・・・

悪いことに表側・・・・さらに手も入るくらい大穴。

裁縫

嫁さんは裁縫のプロ。

すぐにチェックをした。裏についているベルクロをちょっと外すと縫い目は目立たない。

そこで、このベルクロを外し、穴の開いた表側に取り付ければ、穴の開いた方が裏になる。

すぐに修理開始!

当て布をして縫い上げ、ベルクロを取り付けた図。

ばっちりじゃないかーー!

すべてのシートカバーが取り付けられた。マジきれい!

所定の位置に取り付けた。

すばらしい!新車時のようなきれいさ!!まじうれしーーー

シートカバー

これが洗濯前のシートカバー汚れている状態。

これが洗濯後のシートカバー!!

本当にきれいになった。やっぱ10年もほったらかしにしていると、かなり汚れることも分かった。

しかし、一発の洗濯でここまできれいになる。

ただ洗濯をするとシートカバーはかなり縮むことは覚悟しよう。

10個のシートカバーを外すのかなり大変だが、縮んだシートカバー取り付けはもっと大変。

ただ、アイロンをかけることは厳禁だ。

身をもって証明したので、コレを見ているあなたは絶対にやってはいけない。

シートカバーにアイロンは厳禁だ!!

  • この記事を書いた人
yasu

yasu

キャンピングカーアウトドアジュニア、でんでん号であちこち飲みに出かけているYasuです。このところはCB223S、ロードバイクを積んで走っています!

-ウェブログ, 整備・メンテナンス

Copyright© キャンピングカー アウトドアジュニア.NET , 2018 All Rights Reserved.