キャンプ・オフ会

香川・関西オフの旅!その1【香川県→淡路島経由で白川渡へ】

投稿日:2019年7月11日 更新日:




今年もやってきました関西オフ。この白川渡オートキャンプ場で関西オフをスタートして、今年2019年でなんと11回目とこのと。

ずいぶんと遠くへ来たもんだ。

今回の関西オフは、6月に香川県ででんでん号をリニューアルしてもらい、それを受け取ってから奈良県入をするという行程。

そんなわけで、ジェットスターで関西ではなく高松空港へ飛ぶ。

7月10日(水):ジェットスターで高松空港→漂流工房へ

ジェットスター成田発、高松空港行きへ乗るため、成田空港へ高速バスで行く。

成田発高松行きはGK419便。成田発17時55分。約1時間半のフライトで19時25分に高松へ着く。

14時半に出発した高速バスは成田空港第3ターミナルに16時32分到着予定。ビール→缶チューハイ→ワンカップと飲み継ぎ、バスは予定よりも30分早く16時には成田空港に到着をした。

荷物は預けるほど多くなかったのだが、機内持ち込み7kgに収まらず、着替えを流す。

第3ターミナルのレストランでワンカップの残りを飲み終わったところでセキュリティを通る。

何事も早め早めの行動が大切。とくに酔っ払いはw

1時間前にはゲートのソファに座ってハイボールをいただく。これで機内ではぐっすりだろう。

今回乗るジェットスターGK419便高松行き。

ほぼ定刻通り成田をテイクオフ。予約時席はガラガラであったが、実際にはほぼシートは埋まっていた。離陸と同時に寝落ち。

着陸30分前くらいに起こされ、なんか500円分のバウチャーがあるとここと。再度ハイボール。

ほぼ定刻通り19時過ぎに高松空港到着。

漂流さんに迎えに来てもらい工房へGo。

その前にいつもの定番、一鶴骨付鳥。

まずはハーフアンドハーフで乾いた喉を潤す。うまい。

いつもの定番一鶴骨付鳥。安定のうまさだ。

1ヶ月ぶりにキャンピングカーアウトドアジュニア、でんでん号に乗り込む。一通り説明を受け、寝る。明日は奈良県白川渡に向けて出発。

7月11日(木):淡路島経由で白川渡キャンプ場へ

バンクベッドの上にソーラーパネル2枚乗ったでんでん号。というわけで奈良県へ出発。漂流さんはもちろんお仕事。

高松道に乗る前に、お使いに行く。山越うどんに行って山越醤油を20本。

で、せっかく平日の空いてる山越うどんに来たので、これまた定番の釜玉うどんをいただく。

今日は趣向を変えて釜玉山かけにする。付け合せはきつね。うまい。

讃岐うどん【山越うどん】レビュー キャンピングカーは駐車可?

香川県綾歌郡綾川町にある「山越うどん」へうどんを食べに行ってきました。 綾川町にある「山越うどん」はどこにあるの?どんな感じ?うどんラインナップは?いくら?サイドメニューはあるの?おすすめ?キャンピン ...

山越醤油の買い出しをして、一路奈良県へGoだ。まず向かう先はしぶちょーとの待ち合わせである大阪ね。

淡路島に入る。津田の松原SA。

ルーフに乗ったソーラーを見てみる。かなり大きいかと思ったが、いい感じでルーフの上に乗っている。

ちなみに1枚250wを2枚乗せている。

淡路島のSA

橋の見える丘。奥に見えるのが本州とを結んでいる明石海峡大橋。通称パールブリッジね。

しぶちょーとの待ち合わせ場所。大阪のイオンモール。

端っこの駐車場に止める。到着はお昼すぎ。しぶちょーとの待ち合わせは20時ころなので、ランチビールして昼寝→仕事する。

夕方の割引タイムに合わせ、買い出し。イオンモールは18時すぎるとかなりのお惣菜系割引がスタートするようだ。

軒並み半額になっていた。

その後しぶちょーと合流をして奈良県白川渡へGo。

白川渡キャンプ場には23時過ぎに到着。いつもの前々夜祭よりも早いスタートになる。

無事に関西オフ前々夜祭スタート。ゴールデンウィークの残った一番搾り生ビールだったが、ギリギリいける感じw

ほどなくしてチューハイにチェンジ。フルーツなどをアテにして飲みすすめる。

2時過ぎには終了。

7月12日(金):関西オフ前夜祭

今年の海の日3連休の天気はイマイチとのコト。

しかし我々の日頃の行いがいいのか・・・なんと前夜祭金曜日はとても良い天気に恵まれた。

白川渡オートキャンプ場、管理等近くにある東屋にアウトドアジュニアを横付けして、グダグダと昼ビールが始まる。

昨日イオンモールで買ってきた半額揚げ物や焼き物を炉端大将でコロコロして生ビールをすすめる。マジでうまい。

こんな感じで東屋には爽やかな風が吹き抜ける。

日差しは非常に暑く。完璧夏日。生ビールが旨い。

生ホタテも約。手前はさつま揚げベーコン巻き。コロッケもうまい。

ほんとマジでいい天気。ウチのソーラーもかなり発電をしているようだ。

キャンプ場より炊きたてご飯の差し入れがあった。さっそく冷蔵庫に入れてあるタラバガニをほぐしカニご飯にした。山越醤油をかけてうますぎる。

17時過ぎに昼寝をして、19時ころ起き出し夜の部を開始する。

夜の部は、まずジンギスカンと生ビールからスタートをする。うますぎるだろ。

このような感じで夜もグダグダ進み、缶チューハイにチェンジをして、ダラダラ飲んで2時過ぎに終了をした。あかん。

まとめ

白川渡オートキャンプ場は、きちんとAC電源があるので、ソーラー発電の威力を見ることはない。

というわけで、グダグダと関西オフメインが明日より始まる。

「関西オフその2」を見放さず、チェックいただけるとうれしい。

香川・関西オフの旅!その2【海の日3連休は大雨な白川渡キャンプ場】

2019年今年も開催関西オフ。場所はすでに定番化されている奈良県川上村の白川渡オートキャンプ場。オレとしぶちょーは、いつもの通り木曜日深夜より現地入りをして前々夜祭、さらに金曜日は前夜祭もやった。 す ...

コチラも見てみませんか?



-キャンプ・オフ会

Copyright© アウトドアジュニア.Net , 2019 All Rights Reserved.