車中泊スポット・場所・レビュー

【道の駅 なるさわ 山梨】キャンピングカー車中泊レポート

投稿日:2020年10月30日 更新日:




山梨県南都留郡鳴沢村にある「道の駅 なるさわ」に車中泊をしてきたのでレポートさせてください。

道の駅 なるさわは山梨県の富士五湖、西湖近くにある国道139号線沿いにある道の駅。道の駅から富士山も見える。

というわけで、「道の駅 なるさわ」はキャンピングカーや車で車中泊ができるのか?どのような感じなのかをチェックしてみよう。

「道の駅 なるさわ」のアクセス

「道の駅」のアクセス
  • 道の駅 なるさわ
  • 山梨県南都留郡鳴沢村 8532-63
  • TEL:0555-85-3366
  • 富士急河口湖線「河口湖」駅下車、徒歩約1時間半。バス30分。
  • 中央自動車道 河口湖ICより本栖湖方面へ車で20分。

道の駅 なるさわは中央自動車道 河口湖ICを降りて国道139号線を本栖湖方面へ走る。

「道の駅 なるさわ」の概要

「道の駅」の概要

道の駅 なるさわは国道139号線沿いにある。走っていれば出てくるので迷子になることはない。

近くにスーパーなどは無いので、河口湖方面からくる場合必ずマックスバリュ河口湖店で買い物することおすすめする。

道の駅 なるさわの駐車場は?

「道の駅」の駐車場

道の駅 なるさわは一般的な普通の道の駅となっている。特産物も道の駅レストランもある。夜に到着をするとすべての店は閉まっていて、トイレと自動販売機だけになる。

そのため飲食は必ず途中で調達しておくことになる。それさえあれば、非常に快適な車中泊がおくることができる。

駐車場もそのほとんどがフラットになっていて、どこに止めても傾きは感じられない。国道から曲がりちょっとだけ離れているので、ただ、大型トラックが朝まで数台アイドリングをしていたので、いつも数台いるのであろう。ちなみにこれは10月中旬水曜日の朝である。

道の駅 なるさわの施設は?

「道の駅」の施設

道の駅 なるさわは普通の道の駅だが、なんといっても富士山のふもと。

朝晴れている場合、目の前に絶景富士山をみながらむかえることとなる。店舗が開くまでしばしコーヒーブレイクとしようではないか。

富士山博物館 鉱石ミュージアム

「道の駅」の施設

なるさわ富士山博物館 鉱石ミュージアムはぜひとも足を運んでみよう。

「道の駅」の施設

施設内には恐竜などがいて、かなり楽しい!恐竜の雄たけびがあり、小さい子はこわいかも・・

「道の駅」の施設

富士山のことがすごく学べ、大人はもちろん子供にもぜひ足を運んでもらいたい。

富士山の湧水

「道の駅」の施設

道の駅に施設横に富士の「不尽の名水」があります。地下300メートルから富士の伏流水をくみ上げています。

ただ夜間は止められています。

飲料水として使えますが、保存用の処理はしていないこと気を付けましょう。

インフォメーション・休憩室

「道の駅」の施設

情報発信コーナーにはたくさんの資料があった。

「道の駅」の施設

情報発信コーナーには休憩室も併設。

自動販売機コーナー

「道の駅」の施設

こちらが道の駅の字度販売機コーナー

レストラン

「道の駅」の施設

レストランは施設内にある。値段もお安め。

物産館

「道の駅」の施設

道の駅なるさわの物産館は地元の野菜などがたくさん並んでいた。

トイレ・ウォッシュレット有り

「道の駅」の施設

トイレは普通にきれいで、ウォッシュレットも完備していた。

「道の駅 なるさわ」の近くのスーパーは?

道の駅なるさわから出て約5kmにマックスバリュ富士河口湖店がある。営業は23時すぎまで。

駐車場は800台以上の大駐車場完備

「道の駅 なるさわ」の近くの温泉・銭湯は?

「道の駅」の施設
  • 日帰り温泉富士眺望の湯 ゆらり
  • 山梨県南都留郡鳴沢村8532-5
  • 0555-85-3126
  • 10:00~19:00:平日1,300円/土日祝1,500円(貸バスタオル・フェイスタオル付)
  • 19:00~22:00:平日1,100円/土日祝1,300円(貸バスタオル・フェイスタオル付)
  • 年中無休(6月上旬の5日間はメンテナンスのため休館)

「道の駅 なるさわ」から一番近いお風呂は「日帰り温泉富士眺望の湯 ゆらり」となる。施設内隣接ではあるが、歩くにはちょっと遠い。

温泉にも駐車場はあるので、車移動が良いだろう。

で、「道の駅 なるさわ」で車中泊してどうだったよ?

「道の駅」で車中泊

道の駅 なるさわ・・・ここに車中泊をしたのは空気も冷えてくる10月中旬。しかし暖房はいらないくらい。車内は普通に短パンTシャツですごせる。

トラックはアイドリング、ミニバン、ワゴン、普通車の車中泊組は静か・・

「道の駅」で車中泊

発電機動かすオレはトラックの方に行こうかと思ったが、普通車駐車場の端がガラガラだったので、トイレから一番遠い場所に陣取る。

BS・地デジアンテナあげるとほぼ全チャンネル映った。

「道の駅」で車中泊

車中泊では地元で食材購入としている。スーパーで買ってきたアテを並べ宴会スタート。

「道の駅」でキャンプ

ビールはキリンラガーでスタートをする。

ローストビーフにさんまの刺身。

「道の駅」でキャンプ

もつ煮が暖まったところで、赤ワインでいただく。

トラックエリアと普通車エリアが少々離れていて、普通車やミニバンでも快適な車中泊ができるのではないかと思う。

今回の旅をまとめた記事が以下になります。合わせてご覧ください。

富士の旅|道の駅なるさわ→洪庵キャンプ場(本栖湖)

富士山をのぞむ旅に出た。週の前半は道の駅なるさわの車中泊を皮切りに、ゆるキャンでおなじみとなった本栖湖湖畔にある「洪庵キャンプ場」を経由する。 週の後半はいつもの通り、しぶちょーと合流をしてグダグダ海 ...

まとめ

道の駅 なるさわは週半ばであれば、非常に空いていて、トラックも少なめなので、快適に車中泊ができると考える。週末は混みそう。

駐車場もとても広く、フラット。トイレや施設もとてもきれいでうれしい。ゴミなどはきちんと持ち帰り、迷惑のかからない車中泊ライフとしたいものだ。

名称 道の駅 なるさわ
住所 山梨県南都留郡鳴沢村 8532-63
電話 0555-85-3366
駐車場 駐車場大型:23台 普通車:50(身障者用2)台 無料
トイレ 24時間利用可
営業時間
  • 営業時間:9:00 ~ 18:00
Webサイト 公式サイトはこちら

コチラも見てみませんか?



-車中泊スポット・場所・レビュー

Copyright© アウトドアジュニア.Net【でんでん号】 , 2021 All Rights Reserved.