キャンプ・オフ会

連休は生ビール飲んでいただけなんだけど・・・問題ある?

投稿日:2018年2月12日 更新日:

キャンピングカーに乗って3連休はいつもの生ビール飲み放題(樽15L)を2人で消費してきました。こんにちはYasuです。

今年2回めの3連休となる2月の週末はどのように過ごされましたか?

我々はいつもの「渋腸」といつもの通り、だらだらと生ビール樽と向き合ってきました。

※(注)渋腸=関西支部長

スタートは木曜の深夜1時

このごろのダメさがうかがえるのは、3連休なのに、さらに渋腸は金曜を有給にしやがった。マジか?

というわけで、いつもの通り木曜夜に自宅を出発、最寄りインターを0時にアウト(深夜割引狙い)して、現地にインする。深夜1時過ぎには0次会と称する宴がスタートする。

木曜深夜は簡単に鰹たたきとマグロぶつ切りなど。オレは日本酒を飲みながら渋腸の到着を待つ。

1時過ぎに到着をした渋腸の生ビール、開封の儀をして3時ころまで飲む。

初日の夜はモツ鍋

モツ鍋

初日はモツ鍋で乾杯だ。

ちなみにおでんの鍋もあって、それは随時アテにできるようにしてある。

おでん鍋は3日目の昼にはなくなっていた。

おでんの他に味タマゴを10個ほど漬けておいて、おでん鍋でこれも食べる時に温める。そうすると半熟の味タマゴが温まった状態で食べられるので、この頃の好みだ。

2日目は鶏スキ

2日目の宴会は鶏スキとしてみた。

ランチは取っ手の取れるフライパンが大活躍

キャンピングカーでのキッチンアイテムは取っ手の取れるフライパン、鍋が大活躍。

たとえば、深鍋で焼きそば作っておく。

その焼きそばを使い、浅いフライパンでとん平焼きを作る。こういうコンビネーションが取っ手の取れるフライパンは簡単にできてすばらしい。

おすすめは取っ手の取れるヤツで、かなり廉価なアイリスオーヤマのヤツね。ティファールよりも安くて良い。

焼きそばを作る前に前日の鶏すき残りすき焼き割り下を濾して、豚肉、ネギ、玉子で豚卵とじ。

さらに安売りしていたアスパラ、ベーコン、ソーセージ炒めをラインナップ。

焼きそばととん平焼きは取っ手の取れるフライパンでそのままテーブルへGOだ。ランチビールならこのくらいでOKでしょ?

夜は残った焼きそばを浅い方のフライパンでお好み焼きね。キャンカーにはよいぜ。

大小鍋がついて、フタと取っ手がついて、キャンピングカーの料理には最高の相棒ね。IHいらなきゃもっと安い。


キャンカーにCB223Sを乗せてって現地でツーリング

今回もCB223Sをでんでん号のキャリアに乗せていった。

キャンピングカー+モーターサイクルの組み合わせはかなりよい。現地での行動範囲が広がるのはもちろん、ただだらだら飲んでいるオフ会にアクセントがあるよ。

きちんと早めに起きることできるしね。

キャンカーで現地入りしていれば、そこはもう観光地。走るところはたくさんあるバイクには最高のシチュエーション。

そして、トップケースがバイクに付いていることでツーリング帰りにマックスバリューなどで買い物もできる。チューハイがなくなっても問題なし。

買い出しにキャンピングカー出すのは面倒なので、これは本当に使える。

まぁ、キャンカー横にバイクを置いておくと、夜にネコの襲撃を受けたりするんだけどね。

まとめ

このところバイクの積み下ろしは、非常にスムーズ。15分もあれば、すべての作業が完了するくらいすばやくできるようになった。

今年のキャンカーオフはリアキャリアに積み込むCB223Sと取っ手の取れるティファールじゃなくてアイリスオーヤマがマストアイテムね。


キャンピングカーにバイクを載せるコツ・やり方【でんでん号+CB223S】

うちにやってきたCB223S。そうそう、買っちゃたんですよ。ホンダCB223S。 もちろんヤフオク。中古で22,000kmのヤツ。安かった16万円くらい。 自賠責入って、ナンバーは自分で取得した。 バ ...

  • この記事を書いた人
yasu

yasu

キャンピングカーアウトドアジュニア、でんでん号であちこち飲みに出かけているYasuです。このところはCB223S、ロードバイクを積んで走っています!

-キャンプ・オフ会

Copyright© キャンピングカー アウトドアジュニア.NET , 2018 All Rights Reserved.