キャンピングカーの旅

21年キャンカー北陸の秋旅Day4:道の駅氷見番屋街の車中泊で終了

投稿日:2021年11月6日 更新日:

道の駅ひみ番屋街




21年キャンピングカー北陸の秋旅もとうとう最後の夜を迎えることになった。なんかあっという間であった。

最終日は氷見の道の駅に車中泊をしてみたいと思う。氷見といえば寒ブリではあるが、どうやら時期的にちょっと早いのが残念であった。

それでもひみの道の駅には色々な海産物や農産物が並んでいて、今夜のウチらの生ビールのアテもいつものように充実をしたのもであった。

道の駅能登食祭市場よりいどうをする。和倉から氷見なのであっという間だ。

道の駅ひみ番屋街に到着。

番屋街で食材を色々と買い込んでくる。この他に白菜、ネギなどの野菜も大量に買い込んでくる。

まずはカワハギの煮付けを作る。ネギを入れて出汁を吸わせる。

こんな感じで昼のアテ完成。汁は豆腐入りなめこ汁にしてみた。シイラの刺し身にカワハギ煮付け、白エビの天ぷらや海鮮太巻で生ビールをいただく。

この後、17時頃昼寝に突入。

夜も静まり返る。ひみの道の駅にはたくさんのキャンカーや車中泊組が泊まっていた。

夜は味噌汁残りをあたためなおし、シイラ、豚バラ肉、ヘシコを炉端大将で焼いていただく。

もちろんのとの新米も炊いてご飯もいただく。白米とヘシコが非常に合い日本酒のあてに最高であった。こんな感じで日付の変わる頃最終日の宴会も終了である。

まとめ

次の日は関東まで遠いこともあり10時には解散をして帰路についた。

帰りの高速も関越道で少々渋滞をしたが、問題なく帰着をできた。とても楽しい北陸旅であった。いろいろと端折って走らないところもかなり出たので、また次回ぜひ訪れてみたいと思っている。

コチラも見てみませんか?



-キャンピングカーの旅

Copyright© アウトドアジュニア.Net【でんでん号】 , 2021 All Rights Reserved.