キャンプ・オフ会

キャンピングカーを香川県へ運んだ旅【うどん・骨付鳥の旅】

投稿日:2019年6月11日 更新日:




2019年6月6日-10日に行った所を記事にしています。

キャンピングカーアウトドアジュニアで四国へ行った。先月ゴールデンウィークに続き、今月も四国香川県へ走った。2ヶ月連続で行くと四国への道のり約750kmも近く感じてくるから不思議だ。今回もひょーりゅー工房へでんでん号修理・リニューアルのためのデリバリーとなる。

埼玉県からであれば、前日夜に出発をすれば日付の変わる頃に三重県へ到着をする。前回同様今回も三重県の鈴鹿PAまで走る。

ここまでくれば、四国への道のりはついたも同然。次の日はのんびり朝出発をすれば昼過ぎには瀬戸大橋へ到着をするだろう。そこまで行けばうどん県へは目と鼻の先。今回もうどんと骨付鳥と酒飲んだくれのグダグダ旅を展開してしまった。

厳罰とならないよう祈って読み飛ばしてほしい。

6月6日(水):自宅→鈴鹿PA

埼玉を19時ころ出発。いつもの圏央道→新東名→伊勢湾岸道と乗り継ぎ鈴鹿PAに到着。

時計を見ると日付の変わった0時半。

鈴鹿PAまでくれば、かなり香川県にリーチしたと言える。さらに今回もしぶちょーが金曜有給なので前日合流は瀬戸大橋の与島PAとなっている。楽勝だ。

明日に備え適当にアテを当ててビールで流し込む。今回はビールサーバーがないので、缶ビールだ。

6月7日(木):鈴鹿PA→与島PA

起床は6時半。良い天気だ。晴れ渡る三重県。

朝一番で業務連絡やらいろいろチェックやらと午前中にできることをすべてこなす。PCがあるとどこでも仕事できるのはいいが、いつでもできることで羽を伸ばすことはできない。

いいやら悪いやら・・・

9時に鈴鹿PAをあとにする。

その後新名神を走る。新名神はかなり空いていて、きれいな道で本当に走りやすい。山陽道が荒れているので、神戸までの道の快適さが際立つ。

吉備SAにお昼すぎに到着。その後瀬戸大橋の切り替わりである早島IC一旦流出。ガス補給とスーパーで今晩の買い出しをする。

早島ICより再度乗り込み、瀬戸大橋を渡る。香川県へ突入する。

今晩の車中泊地である与島PAに到着をした。時計を見ると14時過ぎ。呑むには早すぎるので、淡々と業務をこなす。

ここ与島PAにはセルフ讃岐うどんである「架け橋 夢うどん」がある。前回到着をした時にはお店が閉まっていた。小腹が減ったので行ってみた。

おなじみのセルフうどんとなっていて、自分でトレーとうどんを受け取り、セルフで天ぷらなど取っていくシステム。かけうどんなどの出汁も自分で入れるヤツね。

いつもこの香川のうどんシステムはインバウンドにはわからんだろうなと思っていた。しかし、ここ与島PAのセルフうどんは、英語の注釈がありびっくりした。

後にも先にも英語表記はここだけだったが・・・今後は増えていくのだろうか。

ホント、香川のセルフうどんとほぼ一緒のシステムとなっている。かけ小299円、ちくわ天ぷら130円であった。瀬戸大橋、瀬戸内海を見ながらうどんをいただける。

とても優雅なひとときだぞ。たぶん香川のうどん屋で景色ダントツ1位だろ。

その後も自宅にいるのと同様、業務をこなす。20時までがんばった。シャワーを浴びてしぶちょーを待つ。

21時にに一足先にもつ煮をあたためる。北海道生ビールで0次会乾杯ね。

2本めのキリンラガービールが開いたところでもつ煮があたたまる。

枝豆ともつ煮をアテに飲みすすめる。

23時前にしぶちょー到着。あらためて前前々夜祭をスタートする。

今回はビールサーバーがないので、趣向を変えワインを彩りを添えてみる。

まずは赤ワイン。もつ煮に合うよ。

さらに冷えた白ワインもあるのだから、さらに飲み進まるワケだ。

この後、グダグダと瀬戸大橋を見ながら缶チューハイを飲み進め・・・たぶん2時過ぎに終了をした。

6月8日(金):与島PA→香川入り

やはり日頃の行いが悪いのだろう。香川県初日は雨模様。

それもけっこう降っている・・・気を取り直して前回ゴールデンウィークでしまっていた「うどんの田」へ急ぐ。

うどんの田、到着。開店と同時。

角煮うどんを食す。うまい。

その後、車1台にして日の出製麺所へ行く。11時半過ぎでこの行列。店内は満席。

待つこと約15分ほどで着席。うどん2玉200円、ちくわ天60円とシメて260円。

最初はぶっかけだしでいただき、半分ほど食べたところでかけ出汁を投入する。

いつもの地へかまえる。平和だ。

一番搾りプレミアムで再度乾杯。ウマいじゃないか。

夜はいつもの骨付鳥「一鶴」へ。

5月に続き6月も骨付鳥がいただけるなんて、なんて幸せなのだ。

ハーフアンドハーフの大。乾杯!

ひな鳥各自1皿に親鳥バラシを1皿。ウマい。

骨付鳥の脂におにぎりを浸していただく。あかん。

テレビで2018年結婚したのは58万組で80年ぶりに60万組以下となる。出生率も落ち、結婚するカップルも減る。この国、日本はどうなるのだろうって・・・まぁ、わかるよな。

いろいろ2000万円とかの発言とかあるけど、オレあたりでも年金なんて出ねーよ。もし60歳(この時点で5年後)でもらえる可能性があるなら、オレは前倒しでもらう。10年後なんてかなりあぶないよ。

6月9日(土):香川県オフ会

大満足の骨付鳥→チューハイグダグダで前夜祭が終了をした。あけて土曜日。

朝から業務をこなす。その後ブランチジンギスカンとビールで幕開け。

キリン一番絞り、キリンラガービールとすすめる。

天気も一段落なので、外の風を楽しむ。

今、ウチでブームになっているのが「こんがりブレッドシリアル」。これはウマい。今回はこのシリアルに生クリームをかけてみた。

これが最高にうまかった。シリアルのアテはあんがいいいかもしれない。

その後、山越うどんの閉店間際を攻める。

いつもの釜玉2玉にちくわ天。ウマい。

夜の宴会はこちら「塩がま屋」へ。夜もやっているうどん屋。

ここで「うどんすき」を食べに来たぞ。

ここは宴会コースがある。飲み放題は1000円プラスとお得!

まずは生ビールで乾杯。ただビールはクリアアサヒだった。お通しをアテにうどんすきを待つ。

うどんすきのうどん以外が来た。これが1人前。

ハイボールを頼み、鍋に火を入れる。具材に煮立つのをしばし待つ。

ハイボール2杯目あたりで火が通り始める。

うどんがサーブされる。うどんは讃岐うどん。

讃岐のだしで鍋をして、うどんが讃岐うどん。ウマいわけだ。

うどんを出汁にくぐらせていただく。

うどんすきウマい。コップは柚子ロック。

この後、きつねと豆腐、うどん2人前追加した。食べすぎだろ・・・

あかん満腹すぎる。うどんすき完食。

この後、腹ごなしにドライブ。夜景を楽しむ。

6月10日(日):香川オフ会→高速バスにて帰宅

朝一うどんは「よしや」。

とりあえずかけ中。冷温で。

ちくわ天はお約束。ウマい。

その後、ひょーりゅー工房へ移動。そこで缶ビール、缶チューハイを飲みすすめる→昼寝。

最終日最終宴会は高速バスの出る駅前の居酒屋。焼き鳥扇屋に来た。

オレはハイボール。しぶちょーは緑茶割り。

串盛りは塩で。

焼き鳥はタレで。

なんか日曜日とあり厨房もフロアもやる気が感じられず、酒も料理も出るのが異常に遅かったぞ。

メガ唐揚げ・・・頼んだのはメガチキンナゲットだったが・・・バス時間も迫っているので仕方なし。雑なオペレーションしているとあかんよ。

シメに釜飯。

で、20時半ころの新宿バスターミナルバスタ行きの高速バスで香川県を後にした。

ひょーりゅーさん、でんでん号の修理、リニューアルよろしくお願いいたします。しぶちょー、今回もありがとうございました。

まとめ

関東埼玉県から香川県へは瀬戸大橋経由で約750kmある。かなり遠い距離だが、新東名、伊勢湾岸道、新名神と道路網整備が進み、その距離はかなり縮まっているようにも感じる。

キャンピングカーであれば、前日夜に出発して鈴鹿PA、土方SA、草津SAまでリーチできれば、次の日はお昼すぎに香川県へ入ることができる。

しかし、やはり問題は帰りとなるだろうな。次の香川県は毎年恒例の関西オフの行きに絡めて行く。バイクで行くか高速バスで行くかは思案中。

コチラも見てみませんか?



-キャンプ・オフ会

Copyright© アウトドアジュニア.Net , 2019 All Rights Reserved.