キャンピングカー アウトドアジュニア.NET

キャンピングカー アウトドアジュニア・OUTDOOR-JRを紹介するサイトです。内装・外装・装備・改造・旅行記なども充実。

整備・メンテナンス

キャンピングカーアウトドアジュニアのサブバッテリー交換をした

投稿日:2018年2月19日 更新日:

ウチのサブバッテリーがしにました。同じジュニア乗りだった方に譲ってもらったのがちょうど約3年前2015年春先。

そこから、調子よく使っていたが・・・年末辺りからだんだん怪しくなる。今年はママチャリGPをパスしたので、極寒キャンプはなかったことにより、なんとか延命をしていた。

しかし、駐車中のコンセントを抜いてしまうと、一昼夜でバッテリー電圧が10V下回る。だめね。しぼう。

ブライトスター ディープサイクル バッテリー SMF 27MS-730購入

ブライトスター ディープサイクル バッテリー SMF 27MS-730

  • 12V 105Ah (20時間率容量)
  • 304×172×202(mm)
  • デュアル端子(蝶ネジ付属)
  • 重量 約21.5kg

とりあえず業界(何の業界だ?)で評判のいいブライトスターのディープサイクルバッテリーね。

いままでダブルだったけど、基本的に発電機を使えるところは回すので、現状ダブルだけど、今回はシングルにしてみる。

この1つのバッテリーでどのくらい家電使えるのだろう。まぁ、とにかくエアヒーターが一晩キチンと持ってくれればよいと考えている。

サブバッテリー交換

ブライトスター ディープサイクル バッテリー SMF 27MS-730

アマゾンで購入をした。面倒だが自分で交換をする。よーは、プラスの配線はプラスに。マイナスの配線はマイナスにつなげればいいはず。

で、マイナスから外して、プラスから取り付ければよい。ただ、車体側のバッテリーではないからな。あと、バッテリーボックスはすべて木材でできているから、そのルールもいいのかな。

まぁ、いつもどおりマイナス外しファースト、プラス取り付けファーストで行こう。

なんでもいいが、バッテリーはホント重い・・・このサイズのくせに20kg以上ある。

バッテリー

ブライトスターの箱を開けると、軍手も入っていた。発送時には、バッテリーアナライザーとCCAテスターの2台のテスターでチェックしたテスト結果のレポートも入っていたよ。

バッテリー

そして、バッテリー交換の何が大変かというと、既存のバッテリーを引きずり出すこと。

特にダブルバッテリーにしていると、ホント作業スペースがない。手をいれるのも一苦労。

端子を外す時は、ホントコワイ。ショートさせそうで。

1時間位かけて、2台のバッテリーを引きずり出し、空いたスペースにブライトスターのバッテリーを据え付ける。元通りにプラス側とマイナス側の配線を取り付けて、とりあえず完了。

電気作業は、ホント苦手。目に見えないから、端子を取り付けるときなんてマジびびる。とりあえず、取り付け完了。すべての電気器具類の稼働を確認して、作業完了。

特にエアヒーターはしっかりと動いてくれないと困るからね。

この作業を完了して、週末のオフ会に行ったのさ。

連休は生ビール飲んでいただけなんだけど・・・問題ある?

キャンピングカーに乗って3連休はいつもの生ビール飲み放題(樽15L)を2人で消費してきました。こんにちはYasuです。 今年2回めの3連休となる2月の週末はどのように過ごされましたか? 我々はいつもの ...

とりあえず、バッテリー交換は、バッテリーを購入しておいて、オフ会でみんなに助けてもらうのがベストと考えるぜ。

  • この記事を書いた人
yasu

yasu

キャンピングカーアウトドアジュニア、でんでん号であちこち飲みに出かけているYasuです。このところはCB223S、ロードバイクを積んで走っています!

-整備・メンテナンス

Copyright© キャンピングカー アウトドアジュニア.NET , 2018 All Rights Reserved.