キャンピングカー アウトドアジュニア.NET

キャンピングカー アウトドアジュニア・OUTDOOR-JRを紹介するサイトです。内装・外装・装備・改造・旅行記なども充実。

ウェブログ 内装・外装・設備

キャンピングカーのリアキャリアにバイクCB223Sを載せる

投稿日:

このところキャンピングカーで出かけるときは、非常によく後ろにバイクが載っている。2017年にヤフオクで買ったホンダCB223Sはキャンカーのリアキャリアに乗せて、気軽に旅先へ持っていけるバイクだ。

なんといっても車重が130kgチョイしか無いので、でんでん号のリアキャリアに手軽に載せることができる。

まったく時間もかからない。リアキャリアが出ている状態であれば5分もかからないで搭載完了をしてしまうくらいお手軽だ。

今日は、そんなキャンピングカーにホンダCB223Sを搭載する動画をあげてみた。非常に短い動画なので、ぜひみてほしい。

キャンピングカーにバイクを乗せる動画

広いフラットな場所にキャンピングカーをおいてあるので、非常に載せやすい。

バイク側が少し高かったり、キャンピングカー側が低い位置にある場合は、もっと載せやすい。とてもお手軽。ちなみにエンジンを掛けてはいない。惰性でリアキャリアに乗せている。

バイクが車載できたら、ハンドルを右に切る。また右バックミラーがサイクルキャリアに干渉をするので、少し曲げる。

バイクに乗せる際の注意点

バイクをキャンカーに載せる

  • イグニッションキーを抜く
  • リアトップケースは外す
  • 燃料コックをオフにする
  • バイクスタンドの下に板などを敷く
  • バイクがキャリアに載ったらギアはローに入れる
  • フロントハンドルを右に切る。キャリア先端いっぱいまでフロントタイヤを寄せる
  • フロントタイヤとキャリアをストラップなどで固定する
  • タイダウンできちんと固定する
  • タイダウンはできれば6本使いたい
  • キャリアの長さ+ラダーフレーム長+バイク全長+助走する距離のトータル長さが車載する場合必要になる。

バイク用アルミラダー

バイク用アルミラダー


アルミ製の折りたたみ式がアルミラダーフレームが使いやすい。

ただ、折りたたむ際は指など挟まないように要注意。

ウチのキャンカーキャリアは低い位置にあるので、ラダーフレーム1本で車載できるが、ワンボックスなど少し高い位置に荷台がある場合はラダーフレームが2本あると載せやすい。

まとめ

動画を見てもらうと、なんか何気なくバイクを車載しているように見えると思う。実際にバイクをキャリアに乗せるのはとても簡単だ。

これはCB223Sが非常に軽量なバイクということもあるだろう。コレよりも軽い125ccのトレール車やスーパーカブ、モンキー、ゴリラ、グロム、KSRなどの車載はもっと簡単だろう。

またバイクをおろす時も非常に簡単でフロント側にラダーフレームを設置して、そのラダーフレームの段差をフロントタイヤが超えてくれれば、あとは惰性と重力で簡単におろすことができる。おろす際はフロントブレーキに指を添えることを忘れないように。

  • この記事を書いた人
yasu

yasu

キャンピングカーアウトドアジュニア、でんでん号であちこち飲みに出かけているYasuです。このところはCB223S、ロードバイクを積んで走っています!

-ウェブログ, 内装・外装・設備

Copyright© キャンピングカー アウトドアジュニア.NET , 2018 All Rights Reserved.