キャンピングカーの旅

薪ストーブ冬キャンプと海を見ながら生ビール車中泊

投稿日:




ウチのアウトドアジュニアの車検が完了をした。今回はかなり大掛かりな交換修理をした。1週間以上ぶりに戻ってきたでんでん号に乗り、いつものように静岡県へ旅立つのである。

いつもと違いワンポールテントと薪ストーブなどに手を出してしまい、それらのテストを兼ねての旅となる。

これらのアイテムで冬のキャンプは快適になるのであろうか。それでは行ってみよう。

11月18日(木)自宅→サービスエリア

今回の車検はかなり大掛かり。ラジエターやフロントハブベアリングなど、あと20年乗るためにかなりの部分を交換修理をした。

いつものように圏央道、新東名を乗り継ぎサービスエリアでしぶちょーを待つ。

今回の生ビールはエビスマイスターである。

しぶちょー到着。23時過ぎ。1時過ぎまで宴会をして終了。

11月19日(金)茂野島キャンプ場で薪ストーブ

途中のスーパーで買物。食材はできるだけ地元のスーパーで調達をするようにしている。軒先でみかんを売っていたので、1袋お土産。

こちらは静岡県の無料で使えるキャンプ敵地。茂野島キャンプ場となっている。こちらの河原、一番端っこに車をおいてワンポールテントを立てさせてもらった。

そして今回のもう一つの目玉である薪ストーブも設置。

早速薪ストーブに火を着ける。

いい感じで薪ストーブが燃える。鍋を端に置くと沸騰もせず保温が出きる。奥のスキレットではソーセージを焼き、モツ鍋とかつお刺身で生ビールをすすめる。

とてもきれいな夕焼けを見ることができた。薪ストーブ一旦終了して昼寝。夜は車内宴会で締める。

11月20日(土)

無料キャンプ場の朝は早い。早朝5時ころから場所取りが始まっていた。

やはり金曜日に入るのは心の余裕がある。早朝はワーケーションする。

昼はジンギスカンなどをアテに生ビールをすすめる。

今回からサービングポット炊き込みご飯なるものをやってみた。これは鮭といくらのはらこ飯。

日中はとても暖かいのだが、日が暮れると一気に冷気が襲ってくる。

日没。寒い。

寒いので車内でおでんと生ビール。

そして、今日は日本シリーズの初戦なのだ。薪ストーブより日本シリーズね。

日本シリーズ終了後、最後の薪ストーブを楽しむ。

11月21日(日)キャンプ場→某海岸

午前中はピクニックを楽しみ夕方に某海岸へ移動をする。

某海岸海水浴場は人影もなくひっそりとしていた。波の音だけ聞こえる。

日本シリーズ第2戦を見る。

生ビールのアテは鱈ちり、深川飯とした。

11月22日(月)某海岸車中泊

朝イチワーケーション。

ランチビールのアテは東松山焼き鳥におでん残り。その後昼寝。今日は日本シリーズがない。つーか平日月曜日で海岸にもほとんど人がいない。

夜宴会は趣向を変えてイタリアンで行ってみる。

最終日の夜宴会も粛々と進み日付の変わった頃おいとまとなった。

まとめ

きょうは勤労感謝の日である。とてもいい天気になり富士山もきれいに見えた。

そんな感じで今回のキャンプ車中泊の旅も終了をして帰路についたわけだ。

コチラも見てみませんか?



-キャンピングカーの旅

Copyright© アウトドアジュニア.Net【でんでん号】 , 2022 All Rights Reserved.