キャンピングカーブログ

初めてキャンピングカーで泊まるにはどこがいい?キャンプ場?

投稿日:

キャンピングカー キャンプ場




キャンピングカーを購入してから出かける初めての泊りがけ旅行は楽しい半面、いったいキャンピングカーでどこに泊まったらいいのか?やっぱりキャンプ場?そこら道の駅や河川敷とかに車中泊していいのか?など最初の宿泊地はどこにすればいいかわからないかもしれません。

キャンピングカーで初宿泊をする場合でも、安心してビギナーキャンピングカーの方でも泊まれるところをチェックしてみた。

キャンピングカーではどんなところを宿泊地にすればいいかなどぜひ参考にしてほしいと思う。

有料でキャンピングカーが泊まれる場所

もしあなたがキャンピングカーというものを初めて購入した。前車がミニバンとかなどで車中泊やキャンプをしたことがないというのであれば、ぜひ有料のキャンプ場やオートキャンプ場をおすすめしたいと思う。

なんといっても安心だ。有料であれば場所の確保はもちろん施設内にキャンピングカー内で収まらない、たとえば炊事場やシャワーなどがある。おすすめのキャンピングカーで泊まれる場所をチェックしてみよう。

オートキャンプ場

やはり初めてのキャンピングカーお泊りはオートキャンプ場は一番いいのではないだろうか。

普通のキャンプ場だと、キャンプサイトと駐車場が離れていたりして、キャンピングカーと一緒にサイトで泊まることができないので意味がない。

キャピングカーの場合はキャンプサイトに車を横付けできるオートキャンプ場で決まりだろう。

もちろん普通のキャンプ上のように焚き火やバーベキューができるのはうれしい。

一点ネックを上げるとすれば、オートキャンプ場は値段が高いのですよね。せっかくキャンピングカーで泊まりはタダのはずなのだが、キャンプ場代に5,000円とか取られるとちょっと気になる。

まぁ、それでも初めてのキャンピングカーの泊まりは無難にオートキャンプ場を推しておく。

RVパーク

キャンピングカーで有料にて泊まれる場所で良いところといえば、RVパークを忘れていは行けない。金額的にも1,000円程度から高くても3,000円程度。

簡易的に駐車場とトイレ・シャワーのみのところもあれば、オーニングはもちろんイス・テーブル、焚き火をできるようなRVパークもある。温泉も併設していることもあり、その設備充実度はさまざま。

ビアガーデンと温泉併設の道の駅にあるRVパークなんて天国と思える。

RVパークなのでAC電源があるところも多数ある。ゴミも捨てられるなど、本当に使い勝手がいい。

キャンピングカーで初めてのキャンプを迷ったらRVパークもぜひおすすめしたいと思う。

無料でキャンピングカーが泊まれる場所

初めてのキャンピングカーでの泊まりは、ぜひとも有料で宿泊できる場所をおすすめしたい。しかし、あなたがキャンピングカーの前でミニバン車中泊やキャンプなどでなれているのであれば、無料で泊まれるところもぜひ推してみたい。

実はオレもアウトドアジュニア納車されたその日に関越自動車道のサービスエリアに車中泊した。

そんな無料で車中泊などをできるところをチェックしてみよう。

高速道路のサービスエリア

無料で車中泊できるおすすめといえば高速道路のサービスエリアがある。まぁ高速に乗るのでそこの部分は有料だが。

サービスエリアなら、基本的にフードコートは24時間空いている。仕事終わって遅めに出ても食事もできる。さらにコンビニ併設やスターバックスがあったりして飲食は充実だ。

駐車場も広く、また高速道路上なので治安もそこそこよい。へんな珍走団とかも来る可能性が少ない。ただ週末の海ほたるだけはやめておけ。ここの金土の夜はうるさいぞ。

サービスエリアでキャンピングカー1泊すると高速道路通行料金も深夜割引がきくのもうれしい。

開放されている河川敷など

地方の河川敷など簡易キャンプやバーベーキューができるように開放されていることがある。埼玉で代表的なかわせみ河原など。

入り口で環境美化協力費などで数百円徴収される場合もある。

キャンプ場ほど整備されていないので、フラットな場所が少なかったり、荒れていたりするが予約など必要ないので天気が良いときなどふらっと行けるのは助かる。

夜などはキャンプ場に比べ遅くまでうるさい場合もあるので注意しよう。

道の駅で車中泊

今では本当に定番になってしまった道の駅での車中泊。ただ道の駅は休憩や仮眠としての駐車するところであり宿泊施設、キャンプをする場所ではないこと念頭に置く必要がある。

目立つキャンピングカーであれば、ぜひできれば施設から遠目のところにおくなど配慮するとよいかもしれない。

あたりまえだが、イス・テーブルはもちろん、車外での調理は絶対に行ってはいけない。火を使うなどご法度。ゴミも持ち帰れよ。

バンコンなどでやりがちだがリアゲートを開けて食事などもNG行為と考える。トイレで調理器具洗ったり選択したりしてはいけないなど考えればわかるはずだ。

まとめ

キャンピングカーを購入して初めての宿泊場所、車中泊をできるところをチェックしてみた。

キャンプ場はスタンダードなところではあるが、キャンピングカーでキャンプ場は使い勝手が悪い。キャンピングカーはテントを貼る必要がないので、車の横でイスやテーブル、焚き火ができる方が好ましい。

もちろん簡単にキャンプ場代わりになる車中泊できるところを、気軽に使うことができるのもキャンピングカーの良さだ。

コチラも見てみませんか?



-キャンピングカーブログ

Copyright© アウトドアジュニア.Net【でんでん号】 , 2021 All Rights Reserved.