車中泊スポット・場所・レビュー

かわせみ河原 無料キャンプ場・閉鎖情報|車中泊レポート

投稿日:2019年4月16日 更新日:

ボータブル電源「BLUETTI」の公式サイトでは4月19日-5月10日までGW応援セール中です!




2019年4月13日に行った所を記事にしています。

埼玉県寄居にあるかわせみ河原・無料キャンプ場に車中泊をしてきたのでレポート。毎年この時期、ウチラのキャンピングカークラブの総会がかわせみ河原で開催される。

で、いつもようにかわせみ河原にダラダラ行ってきたのでグダグダレポートとなることお許しを。

かわせみ河原は無料でキャンプができるが、入り口において環境維持費として500円徴収をされる。この500円は人数ではなく車1台となっている。バイクは300円。

キャンピングカーなども家族4人乗っていても500円というのがウレシイ。さらに場所は全く決まっておらず、常識範囲で早いもの勝ちとなる。

いつものようにカオスとなっているかわせみ河原だが、キャンプ初心者やオートキャンプをしてみたい方など、非常に安価に、また予約の必要もないため気軽に行けるであろう。

花園インターから10分ほどでアクセスができ、気軽にキャンプを楽しめるかわせみ河原を生ぬるく見ていこう!

かわせみ河原閉鎖情報

かわせみ河原の閉鎖情報です。

寄居町かわせみ広場指定管理者について

寄居町かわせみ広場の指定管理者の指定期間満了に伴い、選定を行った結果、下記のとおり指定管理者を指定しましたのでお知らせします。なお、4、5月については、町で管理・運営を行います。詳細は決まり次第お知らせします。

指定管理者は「株式会社まちづくり寄居」に引き継がれるようです。

2022年3月31日まで整備のため閉鎖

キャンプ場整備の為、31日までの間、かわせみ河原は臨時閉鎖いたします。危険ですので、河原には進入しないでくださいとのことです。

2022年3月7日

かわせみ河原の管理契約終了

平素より「かわせみ河原キャンプ場」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。 この度、約20年の永きにわたり、寄居町と指定管理者として契約し、寄居町観光協会が運営しておりました「かわせみ河原キャンプ場」は令和4年3月31日(木)をもちまして契約期限が切れ、かわせみ河原管理事業を終了することとなりました。これまで「かわせみ河原」をご愛顧いただきまして誠にありがとうございました

かわせみ河原のアクセス

かわせみ河原のアクセス
  • 電車:東武東上線「鉢形駅」から徒歩約20分
  • 車:関越自動車道「花園IC」より約10分

荒川にかかる国道254号線の玉淀大橋下にかわせみ河原はあります。関越自動車道花園ICより10分ほど走り左折をすると右下眼下に荒川とかわせみ河原が見えます。

玉淀大橋を渡り信号2つ目、右側にセブンイレブンが見えたら左折して3分で到着をします。

かわせみ河原の概要(24時間オープン)

受付
定休日/営業時間 通年営業
利用料金
(環境美化協力費)
  • 二輪車(自転車除く) : 300円
  • 乗用車(キャンピングカー等) : 500円
  • マイクロバス等 : 1,000円
  • 0時~24時のご利用料金となります
  • 利用開始から24時間の料金ではありません
駐車場 河原へ車の乗り入れも可能
キャンプ&バーベキュー 道具の販売およびレンタルはなし
トイレ
  • あり(すべてウォシュレット)
  • 男 小×3 洋式×1
  • 女 洋式×4
  • 身障者用(洋式)×1

河原に入る入口で利用料金(環境美化協力費)を支払います。領収書をもらえますので、ダッシュボードなど車外から見えるところへ掲示しておきます。

かわせみ河原のサイト状況

かわせみ河原のサイト状況

かわせみ河原の状況だが、河原は道路に近いところが土で固められ、川に近いほうは砂利、小石、小岩となっている。

当然、料金所やトイレ、水場から近いほうが人気で、そのあたりからサイトは埋まっていく。基本早いものがちなので、人気の連休や週末などは早朝から入る必要がある。

このように土草エリアはこの週末も大盛況であった。

基本キャンプ場ではないので、夜に管理人はいない。さらに近くに民家などもないので深夜まで大宴会が行われることは覚悟は必要。静かなキャンプをのぞんでいると苦痛を味わうことも考えられる。

かわせみ河原のサイト状況

料金所から続く土のエリアは奥に行くと段々となくなり、この位置より砂砂利、小石のエリアとなる。奥に行けば行くほど人は少なく、非常に静かな状態でキャンプができる。ただ水場やトイレからは絶望的に遠くなるので、それらの用意は必須。

遠くに見える玉淀橋のたもとや川に近いところまで行けば、夜は本当に静かに過ごせるだろう。大盛況のこの日も、静かな川沿いまで行っているキャンパーが多数いた。

路面状況的には、見るとわかるように軽自動車でも入っていけるくらいの砂砂利である。SUVやクロカンなどであれば楽勝だ。

ところどころ大きな小岩やガレキ、流木なども散乱しているので注意。さらに砂が軟弱になっているところも多々あり、スタックするとかなりキビしいことになるので、準備万端して奥に進もう。

キャンピングカーや2WDは砂地でスタックする

キャンピングカーや2WDは砂地でスタック

砂が軟弱なエリアでは、このようにスタックの恐れがある。ウチラも過去に数回スタックしている。仲間がいる場合は脱出は可能。

しかし、奥のエリアや家族だけ、ソロキャンパーなどはお手上げだろう。周りは基本的に酔っぱらいばかりなので、スタック脱出の手伝いはムリに近い。

心配であれば、必ずJAF会員などレスキューサービスは必須と考える。

JAFの公式サイトを見てみる

有料予約サイト

有料予約サイト

かわせみ河原には料金所横にフラットに区画整備された有料エリアがある。画像の1段上がったキャンピングカーがたくさん並んでいるエリアね。

1区画7m×7mで2,000円だ。2台目以降は環境美化費500円が必要とあるので、もし1区画3台の利用なら3,000円となるだろう。

7m×7mあるのでキャブコン、バンコンならコの字型に車を配置で3台行けるんじゃね?

予約ができるので、河原に入るのが不安な方や混むのがイヤな方は予約するのはありと考える。

営業時間 午前9時-午後4時
事前予約スペース料金
  • 1 区画 2,000円(環境美化協力費含む)
  • 0時~24時の利用料金となります
  • 利用開始から24時間の料金ではありませんのでご注意ください
区画数 10 区画(1 区画 7m×7m)
予約方法 事前に観光協会に電話またはFAXで予約
問い合わせ先 寄居町観光協会 TEL : 048-581-3012 FAX : 048-581-3052
駐車について 1区画 1台まで
2台目以降は環境美化協力費が必要となります。

かわせみ河原の施設一覧

水難事故防止

かわせみ河原にはキャンプをする上で、最低限の設備しかないと思っていいだろう。基本、河原の駐車スペースとテント張れる場所、トイレと水場のみ。

お風呂(かわせみ荘)

お風呂(かわせみ荘)

かわせみ広場に風呂やシャワーの設備はない。

しかし、「かわせみ荘」に風呂がある。かわせみ荘は、かわせみ広場の道を向かい側にある。

  • 048-581-3861
  • 16歳以上(500円)
  • 小・中学生(200円) 保護者同伴

トイレ

トイレ

かわせみ広場のトイレは料金所の道を挟んで向かい側にある。

自動販売機も設置されている。

水場・洗い場

洗い場

水場・洗い場はトイレの横に設置されている。

道路からちょっと一段上に位置するため、キャンピングカー給水などで水場に横付けはできない。

ゴミ集積所

ゴミ集積所

かわせみ広場のゴミ集積場はかなりしっかりとしている。

きちんとゴミ分別が必要となるが、キャンプやBBQで出たゴミは、こちらに全て捨てていくことができる。

で、かわせみ河原で車中泊してどうだったよ?

キャンピングカーアウトドドアジュニアの仲間で桜がまだ残る4月中旬にキャンプをしてきた。

まぁ、いつものように生ビールを堪能しに行ったわけだ。しぶちょーの生ビールサーバーはオレのキャンカーリアキャリアに鎮座した。

この日もたくさんのキャンピングカーやキャンパーが訪れていたが、生ビールサーバー持参はウチラだけであろう。まいったか。

そして、サーバー右は一番搾り黒、サーバー左は一番搾り金となっていて、一番搾りのハーフアンドハーフを心ゆくまで楽しんだわけだ。すまん。

まとめ

埼玉県寄居市にあるかわせみ広場は、キャンプやオートキャンプ、BBQ初心者にはかなりいいのではないかと思う。最低限の施設ではあるが、車1台500円という手軽さは代えられない。

さらに予約不要というのは初心者キャンパーのハードルをぐっと下げてくれる。天候悪ければ気軽に中止にできる。

今年、キャンピングカーやオートキャンプ、ソロキャンプにデビューされる方は、ぜひ日程に組み込んではいかがだろう。ただゴールデンウィークや夏休みなど長い休みは同じことを考えるヤツであふれている。覚悟しろ。

-車中泊スポット・場所・レビュー

Copyright© アウトドアジュニア.Net【でんでん号】 , 2022 All Rights Reserved.