ウェブログ

2人旅の軽キャンピングカーはトラキャンがオススメ!5つのメリット

投稿日:




軽自動車・軽ベースのキャンピングカーが人気となっている。小回りは効く、維持費が安い、奥さんが運転できる、気軽手軽に出かけられる、日常生活でも使うことができると、かなり活用の幅は広い。

そんな軽自動車ベースのキャンピングカー。いろいろな種類やベース車はある。

ここで、軽自動車キャンピングカーで、ぜひともおすすめをしたいのがトラックキャンパータイプのヤツだ。

トラキャンタイプとはトラックの荷台にキャンピングシェルを乗せるタイプのこと。この形態だとキャンパーシェルは荷物扱いとなり、車両のナンバー変更の必要もない。

問題ないのであれば、キャンパーシェルはトラックに乗せっぱなしでも大丈夫。車検の時だけ下ろせばOK。

そんなわけで、お手軽、価格も抑えられる、室内も大きく取れるなどメリット満載の軽トラックキャンパーシェルタイプをチェックしてみよう。

軽トラックキャンパーシェルタイプのデメリット

軽トラックのキャンパーシェルタイプキャンピングカーのデメリットはあるのだろうか?車両価格も抑えられ、室内も大きく取れる。

ある意味キャンピングカーのお手本とも言うべきスペース効率の良さ。そんなメリットだらけのキャンパーシェルだが、あえてデメリットを重箱隅突っつくように探してみよう。

  • 車検の時にキャンパーシェル下ろす必要がある
  • 乗車定員が2名に限られる
  • 運転席から直接キャンパーシェル室内に移動できない

そんなトコかな。まー、トラキャンタイプはいずれにしても仕方ないコトよね。

それに対してトラキャンタイプ、軽キャンベースはメリット盛りだくさん。

軽トラックキャンパーシェルタイプのメリット

軽トラックキャンパーシェルタイプのメリットはたくさんある。デメリットを探すほうがむずかしいくらいだ。

ベース車両・軽トラは安い!

とにかくベース車両である軽トラックの価格は安い。マジで安い。

ヤフオク「軽トラ」で検索をすると、軒並み10万以下も散見できる。普通に20万円も出せば、普通に使える軽トラを買うことができるだろう。

ヤフオク 軽トラ

多少値段が高くても、高年式、低走行距離車を選ぶとよいだろう。

それでは軽トラックの新車はどのくらいの価格で購入ができるのだろう。

スタンダードグレードなら100万円以下で購入可能だ。

スバルサンバートラック

スバルサンバートラック

  • https://www.subaru.jp/sambar/truck/
  • グレードTB 5MT 2WD:831,600円

スバル・サンバー軽トラックはグレードTB 5MT 2WDで831,600円からとなっている。

ハイゼットトラック

ハイゼットトラック

  • https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/
  • スタンダード "エアコン・パワステレス" 5MT 2WD:680,400円
  • スタンダード 5MT 2WD:831,600円

ハイゼット軽トラックはスタンダード 5MT 2WDで831,600円からとなっている。スバルと一緒ね。

エアコンパワステなしなら70万円を切っている。まー、これは買わないか。

ベース車両・軽トラの交換ができる

普通キャンピングカーはベース車両がやれてくると、全取り換えになる。仕方ない。

しかし、トラキャンはベース車両である軽トラックを交換すれば、いきなりベース車両が新車になる。これはでかい。

基本軽トラックの荷台サイズは統一されているので、交換できる車両は幅広い。

購入する際、どの軽トラックの荷台に適合をするかをきちんと確認しておこう。

シェルを伸ばせるので軽キャンパーだけど広い

軽トラ荷台サイズ

  • https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/04_interior.htm

これが軽トラックの荷台寸法となっている。道交法ではざっくりと荷物積載に関しては以下のようになっている。

  1. 長さ:クルマの長さにその長さの10分の1を加えた長さ
  2. 幅:クルマの幅内に収める
  3. 高さ:3.8メートルからその自動車の積載する場所の高さを減じたもの

そんなわけで、ほとんどのトラキャンは荷台からはみ出している。

キャンパーシェル
  • http://www.mystic.ne.jp/camper/j-cabin_mini_series/j-cabin_mini_w

このように荷台からはみ出して設計できるので、通常の軽自動車キャンピングカーよりも室内が広く取れることになる。

これはうれしいよね!

シェルを外せば軽トラとして使える

キャンパーシェルを外せば、普通の軽トラとして身軽に走ることができる。

シェルを外して、通常の仕事にもレジャーにもバイクを運ぶことにも使えることができる。

キャンプ場でシェルをおろして、身軽に観光や買い物に行くことができる。

キャンプ場でシェルをおろし、きちんとタープを張って、イスやテーブル下ろせば、身軽な軽トラックは遊びや観光、買い物に大活躍よ。

バンクベッドが取れる

Jキャビン室内
  • http://www.mystic.ne.jp/camper/j-cabin_mini_series/j-cabin_mini_w

これはキャンパーシェルのバンクベッド。軽自動車のキャンピングカーで本格的な上段ベッド(1,800mm× 1,390 mm)を取ることができる。

これはすごい!2人で使うこと限定であれば、上は寝ていても下は宴会できるわけだ。軽自動車ベースでバンクベッド取れるのはトラキャンベースならでは。

おすすめ軽トラ用キャンパーシェル

軽トラ用のキャンパーシェルの販売は、限られている。チェックをしてみよう。

J-cabin Mini

J-cabin Mini

快適装備の壁型エアコン・大型インバーター・冷蔵庫・キッチン・入り口空間にはポータブルトイレの取り付けが可能。

一番スタンダードなキャンパーシェル。ベース車両の軽トラを30万ほどであれば、200万円以下でキャンピングカーを手にすることができる。

J-cabin Mini W

J-cabin Mini W

前述の本格的バンクベッドを備えた軽トラックキャンパーシェル。このサイズであれば、軽トラキャンピングカーを2人で使っても大丈夫と考える。

Kトラハウス

Kトラハウス
  • https://ktora-house.com/
  • 448,000円より

軽トラックキャンパーシェルを自作できる軽トラハウス。基本キット45万円弱。これと中古の軽トラで100万円以下のキャンピングカーが実現する。

自分で組み立てたトラキャンだから、自由自在に改造できるだろう。オレ的にバンクベッド部をもっと伸ばしてバンクベッドが付けられればかなりすばらしい。

Kトラハウス[44.8万円]自作軽キャンピングシェルの本命か!?

Kトラハウスという自作・DIYできる軽トラック専用キャンピングシェルが驚異の44.8万円で販売されている。このKトラハウスと中古の軽自動車トラックを使えば夢の100万円以内のキャンピングカーもできるの ...

まとめ

軽自動車キャンピングカーで夫婦2人旅とか言っているが、オレ的にそれは無理があると考える。狭すぎるよ軽自動車ベースは。

また軽ベースはキャンピングカーとは言えない設備、装備にしては価格が高すぎる印象がある。そんな疑問を感じたら、ぜひまっさらの軽ワゴンでベッド作って車中泊を経験してほしい。レンタカーでもいい。

軽キャンパーを考える場合、絶対に実走、実泊マスト。軽自動車キャンパーは、かなり狭いと断言する。必ずその室内を経験してみてほしい。一人使いや経験者ならいいけどね。

ただ、この軽トラックキャンパーシェルであれば、広さや室内高さなどメリット満載。これであれば、ギリギリ2人旅は可能と思える。

2人旅で軽自動車キャンピングカーを考えている方は、ぜひともチェックしてほしいと思う。

コチラも見てみませんか?



-ウェブログ

Copyright© アウトドアジュニア.Net , 2019 All Rights Reserved.