ウェブログ

20秒で部屋が3倍広さのトレーラー・キャンピングカー【3X BeauEr】

投稿日:




キャンピングカーが非常に手軽に手に入るトレーラーという選択肢がある。ヘッド車はとりあえずなんでも大丈夫。普通車であれば、ヒッチメンバーを取り付ければ、トレーラーを引くことができる。

そんなトレーラーキャンピングカーだが、オレ的には室内が狭いという印象があり、それなりの広さが必要なトレーラーだと、アメリカでよく見るバスのようなトレーラーを想像してしまう。

しかし、世の中はいろいろ考える人がいるようで、今回のこの3倍に伸びるトレーラーは、マジでスゴイ。

3倍に広がるトレーラーってどんなもの?

3X BeauEr

一見普通に見えるキャンピングカートレーラー。しかし、スイッチひとつでなんと横方向に3倍に伸びるという車体。

これはすごい。

いきなり大きさが3倍になるというのは、見たことない。防水構造はどのように確保しているのだろう。

どういうふうに3倍に伸びるの?

3倍に広がる

車両のシェルが横に伸びる。フロアが折りたたみ式になっているのが、スゴイアイデア。

スイッチひとつ、約20秒で3倍に広がるトレーラー!

テールライトの部分に鍵がついているようだ。ホントあっという間に部屋が収納される。

3倍になったトレーラー室内はどうなっているの?

広がったところにリビング。広々ソファーがある。

センターにはキッチン。広がった逆側にはベッドルームとシャワートイレがあるようだ。

ベッドルームとトイレにはきちんとドアがありプライバシーもしっかりね。リビングと別れているのがすばらしい。こりゃマジで快適そうだ。

フロアプラン

フロアプラン

センターにキッチン、両サイドにリビングとベッドルーム。リビングのソファーは埋め込んでソファーベッドになる。1LDKと言う間取りかな。

2人なら十分住める広さだよね。

リビング

リビング・キッチン

やっぱりこのコの字型リビングというのはスペース効率がいいんだよ。

ウチのキャンピングカーアウトドアジュニアのリビングスペースも、このようなコの字型だもんね。

コの字型のスペースに同形状のテーブルを埋めれば簡単にベッドスペースになるのも、ジュニアと一緒の構造。ソファー下は広大なストレージ、倉庫、荷物置きにもなる。

キッチン

キッチン

一番の重量物となるキッチンやシャワー、トイレスペースが車両のセンターに位置する。

しかし横方向に伸びても、全く違和感がない。

ベッドルーム

ベッドルーム

このベッドルームにはきちんとドアがある。これはすばらしい。

プライバシーも保てるベッドルームにドアがあるというのは本当に良い。宴会してても、寝られるからなー

リビングもベッドになる

リビングもベッドになる

テーブルをソファーセンターに埋めれば、広大なソファーベッド、セカンドベッドに早変わり。うちのキャンピングカーアウトドアジュニアと同じコンセプトね。

3倍伸びるトレーラーのデメリット・欠点

この3倍伸びるトレーラーの最大の欠点は、伸ばさないとトレーラー内に居住できなことだよね。きちんと3倍伸びても問題ないスペースを確保する必要がある。

ちょっと日本ではキビしい。また横方向に3倍なので、キャンプ場によっても制限がありそう。

まとめ

この横に3倍伸びるアイデアなんだけど、トラックキャンパーのキャンパーシェルで実現をしてほしいと思う。実際にこのサイトにも、トラックに載せているページがある。

3XC camper

↑このキャンパー、まじでいい。

タウンエーストラックくらいに積めるエクステンドするキャンパーシェルほしいなー。これで小さいというデメリットは解消される。

価格は23,000ユーロ、約300万円弱。かなり安いと思うのはオレだけか。

コチラも見てみませんか?



-ウェブログ

Copyright© キャンピングカー アウトドアジュニア.NET , 2019 All Rights Reserved.