ウェブログ キャンピングカー冬装備・準備

【キャンピングカー】雪道でスタック防止法とスタック時の脱出・対処法

投稿日:




雪道でスタックという経験をしたことがあるだろうか?2018年2月北陸の大雪で国道に1500台が立ち往生したというのも記憶に新しい。

いまだに雪が降っても、ノーマルタイヤで平気で走り出す奴らが後をたたないが、本当に恐ろしい。何を考えているのかさっぱりわからない。

車を乗る以上、雪が降りそうなら、雪が降っているなら冬装備であるスタッドレスタイヤの装着、チェーンの携帯は当たり前と心得よう。

さて、冬装備をしていても、それでも雪道ではスタックすることはありえる。

キャンピングカーを含め、雪道のスタック防止、スタックの脱出法や対処法を見ていこう。

雪道ですべり止め措置を取らない運転は法令違反

雪が降ると、テレビやニュースでノーマルタイヤのまま運転する車が後を絶たない。一体どういうつもりなのだろうか?

基本的に雪道で車の雪道走行装備を怠って走ることは、本当に危険。なんで雪道をなめているのだろうか?

たとえば雪が降るとあちこちでノーマルタイヤ装着車がスタックしていそうな東京「東京都道路交通規則」では以下のように定められている。

「東京都道路交通規則」の第8条(運転者の遵守事項)6項

「東京都道路交通規則」の第8条(運転者の遵守事項)6項

「東京都道路交通規則」の第8条(運転者の遵守事項)6項

“積雪又は凍結により明らかにすべると認められる状態にある道路において、自動車又は原動機付自転車を運転するときは、タイヤチェーンを取り付ける等してすべり止めの措置を講ずること。”

http://www.reiki.metro.tokyo.jp/reiki_honbun/g1012199001.html

と定められている。まぁ、当たり前。

雪道をノーマルタイヤで走るバカがたくさんいる

「2015年に全国の国道での立ち往生547件、9割以上がチェーン不着装、ノーマルタイヤの車も25%あった」という調査がある。

立ち往生を起こしたヤツのそのほとんどがチェーン不装着。さらにノーマルタイヤが4台に1台。どういうこと?

さらにスタッドレスタイヤでも立ち往生してしまった車も半数以上。スタッドレス過信もヤバイということだ。

キャンピングカーを含め、2WDの車はチェーン携帯必須ですよ。

オレの考えだが、雪が降る場合は・・・「人の少ない時間帯に動く」「高速道路を使い一般道をできるだけ使わない」「思い切って出かけない」という3つを徹底している。

ある一定数は雪道でノーマルタイヤで走っているバカがいる。本当に大迷惑だ。そいつらに事故で絡んだり、立ち往生を食らったら本当にイヤだ。

スタックしない雪道走行3つのコツ

キャンピングカーに限らず、スタックをしない雪道走行のコツはある。

発進時にアクセルを急に踏まない

車は発進する時、グリップ力をかなり必要とする。ゼロからの動き出しは大変ということ。

そこで、急にアクセルを踏み込めば、路面をグリップしないのは当然。

これがスタックの典型。アクセルを急に踏むことでタイヤと接地面の雪の間に摩擦がなくなってしまうことでタイヤは空転する。

発進時にはゆっくりアクセルを踏むことを心がける。

マニュアルMT車では2速発進ということを言われるが、オートマAT車にある「2レンジ」は2速発進ではないので注意。

車速・スピードを落として走る

雪道ではスピードを落とす。これは雪道走行では鉄則。

特にキャンピングカーは車両重量があるのでスピード出し過ぎは制御不能になるので、マジ要注意。

ブレーキは早め・車間距離多め

キャンピングカーは車両重量がある。スピードは抑えめに。さらにブレーキも早めに。

ここでキャンピングカーの車両特性である、運転席が高いということを活かそう。目線が高いということは視野が広いということ。

前の車の状態を見ることはもちろん、数台先や前方の交通状況をできるだけ早めに注意深く読み取ることが安全につながる。

車間距離を多めに取ることで、車と心のマージンを広く取るのは鉄則。

キャンピングカーは制動距離も長い。ブレーキで止まれず、追突スタックはやりきれない。

雪道の轍走行は慎重に

雪道走行でかなり厄介なのは雪で作られる轍かもしれない。

スノータイヤと言えば、スタッドレスタイヤ全盛。他の車が踏み固めているので、轍の部分は圧雪状態になり、凍結している可能性が高いと思っていいかもしれない。

特に軽自動車ベースのキャンピングカーは、この轍に合わないこともある。轍を外したり、路面を選んだり臨機応変にラインを変える必要もある。

また轍をまたいだりすると、車体がけっこう振られる。重心の高いキャンピングカーはこの轍のレーンチェンジでけっこう振られる場合があるので注意。

轍で振られて路肩溝に落ちたり、ガードレール一直線は避けよう。

車に積んでおきたいスタック防止のためのグッズ

冬のキャラバン、スキー場にキャンピングカーはとても楽しい。冬こそキャンピングカーは大活躍だが、雪国に行く場合は準備を念入りにしよう。

特にキャンピングカーはスタックすると、マジで大変。

スタックをしないことはもちろんだが、スタックしたことも考えスタック脱出のためのアイテムは持っていくようにすること。

スノーヘルパー・脱出マット

キャンピングカーは車両重量がかなりあるので、スノーヘルパー・脱出マットなどは普通自動車用のものは壊れる場合がある。

特にプラスティック製などはいきなり割れる場合がある。できるだけトラック用や壊れない素材のマットなどを選択しよう。

雪道脱出 2t-4tトラック用 鉄ヘルパー(2枚1組)

雪道脱出 2t-4tトラック用 鉄ヘルパー(2枚1組)

重量はあるが、トラック用のため安心。

コンパル 緊急脱出マット ロングワイド 2枚組 44×75cm

コンパル 緊急脱出マット ロングワイド 2枚組 44×75cm

このような布系・繊維系の脱出マットなら車両重要が重くても壊れる心配はない。

バスタオル・毛布など

発進するときに駆動輪の前にかませるように敷いて使います。麻袋やフロアマットなど、敷ければなんでもよいです。

キャンピングカーであれば、室内にフロアマット、キッチンマット、バスマットなどを装備しておくとよいだろう。もしもの時にこの手マット類は役に立つ。

安い100均などで吟味してみるのもよいだろう。さらに家にあるいらない毛布、バスタオルなども積んでおくと安心だ。

スコップ

雪にタイヤが埋まっている時はタイヤを掘り出し、できるだけ路面をだすのはスタック脱出に有効。

また降り積もったバンパー前の雪をどかす場合もスコップはあると、マジ便利。

折りたたみ式 車載 スコップ

折りたたみ式 車載 スコップ

本当はスチール製がいいのだが、スコップ使う時車体を傷つける可能性がある。

プラ製のスコップならそれも軽減される。折りたたみなので、助手席の後ろなどにおいておこう。

路肩に砂箱

峠道など道路によっては、路肩に砂箱を見るときがあります。

何に使うのだろうと、思った方も多いのでは。それは駆動輪の周りに撒いてスリップ防止に使います。

ただ、そんな砂も都合のいいところにあるわけではない。キャンピングカーがスタックするのはスキー場の駐車場や上り坂だったりする。

そんな時に必要な砂はペットボトルなどに入れておくとよい。ただ、実用的には前述のバスタオルやマット類のほうがいいかもしれない。砂じゃ、他に用途がない・・・

ペット同伴なら猫砂はあり?

牽引用のロープ

自力ではどうにもならない時は他の車に牽引してもらうしかない。

普通車はもちろん、重量のあるキャンピングカーでは専用の牽引用ロープでないと、ちぎれてしまうこともあります。

4WDのキャンピングカーなら、逆に助けることもあるかもしれない。牽引用のロープはぜひとも揃えておこう。

牽引ロープ 最大耐荷重8トン

牽引ロープ 最大耐荷重8トン

JAFカード

JAF

JAFは入っておくとよいよ。今入っている任意保険の救助だが、遅いのよ。保険会社通して救援に連絡行くから、どうしても現場到着が遅い。そりゃそうだ。

オレも(長女が)N-BOXのバッテリーを上げてディーラー担当に連絡したら、JAF会員なら、そっちのほうが断然早いです・・・と言われた。

JAFは家族全員使える。なので、オレはJAF会員カードはスマホアプリ。実物カードは嫁さんに持たせている。雪道行く時にJAFは一番のお守りかもしれない。

自動車保険ロードサービスでは「タイヤチェーン装着」「雪道スタック引き上げ」「自然災害の事故」に対応していない場合がある。知ってた?

それらのロードサービスもJAFなら可能なのよ。

まとめ

キャンピングカーに限らず、オレは非常に雪に対してかなり神経質。

大学生の時、東北の大学に行っていたので冬は雪景色だった。車を運転していたときも人一倍雪装備には敏感になっていた。あの当時はFFシビックにラリースパイクタイヤを装備して走っていたことが懐かしい。

ハイエースに乗っていたときも4WD+全輪スタッドレスで正月北海道スキーに5回ほど行っている。

キャンピングカーアウトドアジュニアになってもフルタイム4WD+全輪スタッドレスで今のところ、雪道のトラブルやスタックは皆無だ。

雪道は最新の注意をはらい、万全の準備と用意で臨んでほしいと思う。

周りの迷惑も考えず、ノーマルタイヤで雪道行くヤツはマジ許さん。

コチラも見てみませんか?



-ウェブログ, キャンピングカー冬装備・準備

Copyright© キャンピングカー アウトドアジュニア.NET , 2019 All Rights Reserved.