キャンピングカーにトイレは必要か?不必要か?その判断基準

スポンサードリンク

キャンピングカーを購入しようと考える時に、必ず議論になるのが・・・このキャンピングカーにトイレは必要か?不必要か?という問題だ。

キャンピングカーを持っているあなたも、これからキャンピングカーを購入しようと考えているあなたも、一度はトイレについての必要性を考えたことがあるのではないだろうか。

そこで、きちんとしたトイレスペースを持っているキャンピンカーアウトドアジュニアを乗っているオレが、この問題についてちょっと考えてみよう。

ウチのキャンピングカートイレの使用頻度は?

キャンピングカートイレ

ウチのキャンピングカーについているトイレの使用頻度だが、これはもうかなり頻繁に使っていると言っていいだろう。

きちんとした独立のトイレに、きっちりと座れる

そして、座ってもしっかりと足を置けるスペースがある。ゆったりと座れて用が足せるのだ。

このトイレがあるからキャンカーで出かけようという気になる。

道の駅にトイレがあるじゃないか、パーキングエリアにトイレが有る場所を探せばいいじゃないか・・・そんな声も聞こえますが、すべてNOです。

キャンピングカー車内で食事して、ビール飲んで、酒のんで、トイレに頻繁に行くのに車外へ行くのは本当に面倒。

それが、これだけ完璧なトイレがあれば、絶対に使うというものですよ。うちのトイレ使用率は相当高い。

だって、道の駅に止まっても、道の駅のトイレへ行かないもの。なので、ウチのキャンピングカートイレ使用率は9割以上だろう。

帰ってくると、キャンカーのでかいブラックタンクがいつもいっぱいだから。

今はどこにでもトイレがあるという理由で不必要

現代は「道の駅」や「サービスエリア」「パーキングエリア」「コンビニ」にトイレがあるという理由で、キャンピングカーのトイレはいらないだろう・・・という理由があります。

それはごもっともです。

しかし、ということは「トイレ」ということを中心に行動が制限される可能性があります。

そして、一定時間ごとにトイレ探しに費やすこともあるわけです。

たとえば、キャンピングカーの使い方で一般的なP泊(パーキングで泊まる)では、必ずトイレがある・・・という前提になるわけですね。

私はイヤです。逆に言えばトイレがない場所や人気がない場所でP泊できるトイレ付きのキャンピングカーにはすばらしい自由と恩恵があるということです。

そもそもキャンピングカーにトイレのスペースがない

今流行の軽自動車キャンピングカーやハイエースベースのバンコン、小さいキャブコンなどは、そもそもスペースが無いのでトイレを置くことは不可能でしょう。

そこで、小さいカセットトイレなどを購入しようと考える方もいると思います。

結論を先に言うと・・・絶対に使いません。

逆に安心として捉えて、備え付けるのは絶対に悪くありません。最終手段は自分のキャンピングカーに備わっている。

なので、余裕を持って行動ができ、最悪の場合は、最終手段のポータブルトイレがあるというのは非常に良いと思います。

おすすめとしてキャンプ テント 着替え 1人用を用意しておくと、そのポータブルトイレは結構使えるのではないかと考えています。

女性・子供・高速道路渋滞時などのキャンピングカートイレ

キャンピングカーで旅行する時、女性、子供がいる場合、トイレは大活躍、超便利だ。間違いない。そのためにあるといっても過言でなはい。

あなたもテレビなどで、お盆などの帰省ラッシュ、大渋滞の時のサービスエリアトイレの地獄を見たことがあるかと思います。

女性が男子トイレを拝借なんて映像も流れていて・・・マジかと思った方もいるでしょう。

さらに人が混んでいる時、トイレは非常に汚くなっている事が多々あります。トイレットペーパーがなくなっていることなども。

そんなテレビの映像や人の話を聞くたびに、キャンピングカーにトイレがあって本当によかったと思っています。「トイレ渋滞」・・このようなことはいまだかつて経験をしたことがありませんし、並びたいとも思いません。

また・・・よく高速道路渋滞時にトイレを借りに来るなんて話がありますが、そもそも、渋滞を回避したいからキャンピングカーなのではないかと思う。オレは絶対に渋滞をしている期間、時間帯には絶対に高速へ入らない。

さらに言えば渋滞しているサービスなどには入らない。サービスエリアやパーキングエリアに入って駐車をしても施設から1番遠い場所に駐車するなどすれば、このようなことにならないと考えるが、いかがだろう。

逆にキャンピングカーにトイレがあれば、多少の渋滞に突っ込んでいっても、大賑わいのサービスエリアやイベント会場に行っても、まったくもって余裕である。

女性や子供がいる場合、キャンピングカーにトイレは必須と考える。女性と子供をトイレ無し車に乗せて、大渋滞や人がたくさんいる場所に行く勇気はオレにはない。

キャンピングカーのトイレ装着率を確認してみる

それでは、現在キャンピングカーにはどのくらいトイレの装着率があるのだろう。オレのところにそのような資料はないので、データーを拝借した。

白書によると、トイレを載せているキャンピングカーは全体の63.6%を占めているという。

  • キャブコンなどに使われる固定式のカセットトイレ (34.2%)
  • 持ち運びが自在なポータブルトイレ (25.2%)
  • 輸入車などに搭載されているマリン式トイレ ( 4.2%)

キャンピングカー旅行とはどんな旅か ? より抜粋

またこの記事では「実際に、このトイレ装着率というのは、前回の調査よりも3.5ポイント落ちてきているという。」と言及をしているが、たぶんこれは「軽自動車キャンパー」の増大によるものではないかと思う。

記事では「バンコンの増加」とも行っているので、軽自動車キャンカー増大で、普通のキャブコンなどの装着率は変わっていないと思うのだが、どうだろう。

キャンピングカーのトイレを使わない理由:汚物処理がイヤ

キャンピングカーにトイレがついているにも関わらず、使っていないという方のダントツ理由が・・この「汚物処理がイヤ」「汚物処理が面倒」「トイレ掃除が面倒」「トイレ後処理が面倒」とういものです。

コレについては一理あります。

たしかに家のトイレは流せば終わりですから、汚物処理という非日常的なことは一切ありません。

しかし、考えてみて下さい。ちょっとした汚物処理を面倒がるだけで、そのキャンピングカーのトイレを使わないなんて、本当にもったいない。

ポータブルトイレ

ただ1つ面倒だと言えることは、上記のポータブルトイレの場合だ。

何が面倒かと言えば、このポータブルトイレの汚物処理は本体全部を車体から出す必要があり、また掃除も大変だろう。

ブラックタンク

うちのキャンピングカーの場合、ブラックタンクはこのようにボディから直接タンクのみを引き出すことが出来る。タンクに持つ場所もきちんとあり、ハンドリングもひじょうによい。

たっぷりはいった汚物をトイレに流す作業はそんなに苦ではない。

タンクの中清掃?そんなこと今までやったことないです。真水入れて2回ほどシェイクして流して、新しいきれいな水を入れてアクアケムいれておくだけです。これでニオイなど出たことない。

トイレの掃除についてですが、オレがよくやるのはシャワー中にトイレ掃除をしてしまうこと。シャワーを浴びる前にトイレ掃除して、そのままシャワーを浴びる。一石二鳥。すごい楽。

バンコンの固定式トイレの処理は簡単。ポータブルトイレは、結構大変・・・よくわかる。掃除はできるだけ手を抜こう。

まとめ

キャンピングカー購入に際してトイレに悩んでいる方は、ぜひポータブルトイレを購入してみよう。そして、それを実際に車においてみよう。

ミニバンやバンコンであれば、最後尾においておくだけで、ずいぶんと違うはずだ。

キャンピングカーにトイレは必要・・・というか、なければ、オレは4ナンバーのイレクターベッドハイエースで十分です。

トイレがあることにより、道の駅やトイレのあるパーキングを探す必要もなく、一気に自由度が上がります。

この画像も佐渡ヶ島の西海岸、人が誰もいない海岸でP泊したときのもの。夕方になると、人はおろか、車も来なかった。とうぜんトイレも何もない。

というわけで、キャンピングカーにトイレがあることで、とんでもないド田舎の人気が全くない、だけど自然がすごいきれいなところにP泊できますよ。これぞ自由なキャンピングカーの醍醐味!

基本的にパーキングなどはトイレに近いところが混み、行列もできます。それを避けることが出来るキャンカーのトイレは絶対必需品の一つと考えます。

ぜひ、キャンピングカーの装備にトイレを一考、また使っていない方はトイレ利用をしてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人について

管理者

管理者:Yasu

「キャンピングカーアウトドアジュニアNET」 へようこそ!2002年よりこのアウトドアジュニアに乗って、あちこち出かけております。キャンピングカーは本当に自由で楽しいです。昨今はロードバイクの遠征に大活躍!アウトドアフィールドでお会いいたしましょう!

こちらの記事もいかがですか?

  1. 2015年、関西オフが今年もやってきました。関西渋腸に打診したところ、前乗りOKで金曜入りとなり…
  2. 軽自動車のキャンピングカーが大人気です。こんにちは。キャンピングカーでんでん号乗りのYasuです。…
  3. 今年も来ましたママチャリGP!2016年、そして毎年新春はこいつではじまるワケだ。すごいいい天気…
  4. 焚火の季節だ。そう、寒くなってきた。衣替えはもちろんだが、夜寝るとき、そろそろ少し厚めの布団がほ…
  5. GARMINのポータブルカーナビNuviをずっと使っている。このnuvi2795で3台目だ。…
PAGE TOP