キャンカー乗りのダウンジャケットといえばエディーバウワーだろ?【今年75周年記念】

スポンサードリンク

ところで、マジで寒くなってきた。

昨日なんて、今年一番の冷え込みだった。札幌と稚内では早くも今年初雪だぜ・・・去年よりも3日早いそうだ。

今年は、多くのところで暖冬とか言われているが、またまた暖冬とか言っておいて、いきなりいつかみたいにドカ雪イヤーになったりする。

備えておけば心配はない。

ところで、冬のアウター、キャンカーオフ会のアウターといえばダウンジャケットだ。

オレの中でダウンジャケット言えば、やっぱり「エディーバウワー」か「ノースフェイス」に決まっている。

1940年に第1号ダウン「 スカイライナー」

エディーバウアー スカイライナーは、なんと・・あのスティーブ・マックィーンも愛用していた。

1940年にアメリカ合衆国で初めて特許を取得したキルトダウンジャケット第1号モデルです。

そして、そのジャケットにはレプリカモデルもあったりします。すげーなー。

ヤフオクでもけっこう高値取引

ヤフオク

ヤフオクチェックしてみると、これがまたびっくり。

古いジャケットだけどビンテージなのね。けっこうな値付けとなっている。

エディー・バウアー ダウン75周年の歴史特集

エディーバウワーのオフィシャルサイトで75周年の歴史特集をやっている。

エディー・バウアー・ジャパン

1940年(発売開始は1936年)の第1号ダウン【The Skyliner / スカイライナー】から2015年現在の最新である【バイオダウン】に至るまでの軌跡を、Warm Warmer Warmest の3つのラインにわけて一枚にまとめたバナーにより、エディー・バウアーの歴史の一面をダウンを通して振り返ることができます。

これからかなり寒くなってくる。

キャンピングカーでのオフ会でも大活躍すること間違いなしのエディーバウワーダウンジャケットだ。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人について

管理者

管理者:Yasu

「キャンピングカーアウトドアジュニアNET」 へようこそ!2002年よりこのアウトドアジュニアに乗って、あちこち出かけております。キャンピングカーは本当に自由で楽しいです。昨今はロードバイクの遠征に大活躍!アウトドアフィールドでお会いいたしましょう!

こちらの記事もいかがですか?

  1. キャンピングカーを購入しようと考えた時、普通の車を購入することとは違う点がいくつかあります。ちょ…
  2. うちのジュニアにはとんでもない積載荷重をほこるリアキャリアが付いている。通常キャンカーのリアキャ…
  3. 今年も来ました。新春恒例のママチャリGPです。去年あたりより、3連休初日開催になってしまった。…
  4. オレのキャンピングカーアウトドアジュニアにはリアキャリアが取り付けてある。故リー社長の作ったもの…
  5. 白州に行って、一番外せないところといえばやはりサントリー白州蒸留所であろう。ここはなんとしても、…

アーカイブ

PAGE TOP