ジェネレーターのオイル交換【夏を前に発電機メンテナンス!】

スポンサードリンク

キャンピングカーアウトドアジュニアにはホンダの静音発電機EU28isが搭載されている。

で、リー社長(故)の教えをきっちり守るオレは、いつもの通りレッドラインのオイルを投入するわけだ。

エンジンオイル量は標準で0.55L。社長は150時間といっていたが、おれは100時間を超えたあたりで交換するようにはしている。

あと、遠いところへ行く時や・・・そうそう、関西オフの前には必ず変えるな。

まずはオイルを抜く。たらたらになったらオイルトレイを下において、エアークリーナーやプラグをチェックするのだ。

エアークリーナーチェック

発電機側面を開ける。

クリップを外してエアークリーナーをチェック。

ボックスカバーにもスポンジが付いているので、そちらもチェック!

ちなみにこういうモノも売っているので、揃えておくといいかもしれない。

ようはただのスポンジだからね。

こっちのエアークリーナーは大丈夫そうだ。とんとんして元に戻る。

プラグのチェック

続いてプラグのチェック。

はずす。

プラグはけっこう奥にあるが、純正のプラグレンチを使えば、問題なく外せる。

新品プラグ。EU28isのプラグはPBR5ESだ。

プラグは意外といつやられるかわからない。なので新品1本は必ず車に乗せておこう。

大体、プラグやられるのは出先だからね。真夏でやられたら目も当てられないよ。

そこそこやられている。関西オフ、真夏突入だから新品交換。

オイル投入

オイルを投入するのにオレは、このようなモノを使う。

これは、小さいシャンプーのプラスティック瓶。

そいつの側面に穴をあける。

そうすると、ちょうど発電機のオイル注入口にねじ込めるわけ。

オイル投入しても、まったくこぼれない。マジ便利。

オイル容量は0.55L。きっちり計り投入をする。

上の画像と同じ程度、オイル口にななめちょうど。

アーマーオールでボディを磨く

きちんと各部を閉めたら、アーマーオールでボディを磨く。

発電機、かなり環境に悪い場所にあるからね。少しはいたわるといいかもしれない。

今年もがんばってくれよー!EU28is!!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人について

管理者

管理者:Yasu

「キャンピングカーアウトドアジュニアNET」 へようこそ!2002年よりこのアウトドアジュニアに乗って、あちこち出かけております。キャンピングカーは本当に自由で楽しいです。昨今はロードバイクの遠征に大活躍!アウトドアフィールドでお会いいたしましょう!

こちらの記事もいかがですか?

  1. 時間がかかるかと思ったが、思ったより早く来た。決済した次の日には発注をしてくれたようだ。コレは助…
  2. 来月は関西オフだが、夏のキャンプやアウトドアで一番頭をかけるのが虫対策だ。夏といえば「蚊」。そし…
  3. 12月のアウトドアジュニアオーナズクラブ定例オフ会。そういえば、このオフ会は裏で社長の追悼オフに…
  4. ところで、マジで寒くなってきた。昨日なんて、今年一番の冷え込みだった。札幌と稚内では早くも今年初…
  5. キャンピングカーのタイヤバーストに見舞われた。ちょいと前の話なんですが、ウチのキャンピングカーア…

アーカイブ

PAGE TOP