キャンピングカーのタイヤバースト実際【高速道路・危険】

スポンサードリンク

キャンピングカーのタイヤバーストに見舞われた。

ちょいと前の話なんですが、ウチのキャンピングカーアウトドアジュニアのタイヤがバーストした。

場所は「東関東自動車道」を成田空港に向かっているときでした。

この日も酷暑の熱帯夜だった

酷暑が続いたこの年の7月。この夜もすごい暑さの熱帯夜でした。

夜遅くになったにもかかわらず、地面からは昼間の熱気を大気に向かい放出をしているようです。

外に出ようものなら、一気に全身汗だくになりそうな感じです。

そんな夜に私は明日、海外行くため成田空港へキャンピングカーアウトドアジュニアを走らせていました。

今晩は成田空港近くのホテルに泊まるので、あと少しで到着というところまでリーチをしていました。

バーストするタイヤの前兆

実は中央環状線を走っているころから・・・「コトンコトン」と、本当に小さい、そして規則的な感触をステアリングを通して感じていました。

この規則的な、そして定期的なショックは、間違いなく回転系に何らかの損傷、傷があるということです。

あと1時間も走れば目的地成田に到着をします。

場所は首都高速。止まるところもなかなかありません。それこそ路肩に止めることもできません。

やれることはただ一つ。ペースを落とすこと。

できれば、この感触がなくなってほしいと、ちょっと祈りながら。

その振動が確信に変わった瞬間

葛西JCTで湾岸道に入り、東関道に入ったころに、その規則的なら感触は、確実な振動となってきたことを実感する。

ヤバそうな気がして、スピードを周りの流れより3割くらい落とし、3車線の一番左に寄っていった。

あと15分も走れば、東関道を降りられる・・・そんな願いにも似た気持ちになった時・・・・

ばぁぁぁんんんーーーーーー!!!!!

ステアリングが右に取られる。できるだけ左側に寄っていた車体が真ん中に吸い寄せられる。

やってしまった。バースト・・・・

気持ちを備えていたこともあり、ビックリはしたけど、意外と対処は冷静にできた。

すぐにハザードを出し、アクセルは戻し、ブレーキはふまず、まずは車体を安定させ車速を落とす。

右後輪がバーストしたようで、右に取られるステアリングを、少しだけ左に当て舵をして、左車線にとどまるように走る。

車速が落ち切ったところで、路肩による・・・・

ハザード出しっぱなし。すぐに三角停止版をだして、タイヤ交換。

ブルべなオレは、もちろん反射ベストも着用。

路肩での作業は三角版はもちろん、反射ベストを着用していると絶対いいぜ。

路肩でタイヤを交換して、その夜は無事にホテルへ到着をした。

バーストしたタイヤの状況

朝、ホテルでバーストしたタイヤをあらためて見てみると、かなり損傷が激しい。

バーストしたタイヤ

バーストしたタイヤ

バーストしたタイヤ

バーストしたタイヤ

バーストしたタイヤ

バーストしたタイヤ

バーストしたタイヤ

タイヤの山はあると、少々引っ張りすぎた。

やはり、交換をしてから出発するべきだったと後悔をする。

不幸中の幸いは、タイヤバーストとリアマッドフラップの損傷だけで、大きな事故や損傷がなかったこと。

本当にラッキーだった。

その後の対処1:タイヤ発注

このあと、海外渡航が控えていたため、午前中の飛行機に乗り日本をたった。

タイヤ交換はしたが、他のタイヤの劣化も確実に進んでいるはず。

帰国後、すぐにタイヤ交換をできるように手配をする。

まずはヤフーオークションでキャンピングカーアウトドアジュニア4WDのタイヤを探す。

  • 前タイヤ:175R14-6PRLT
  • 後タイヤ:175R14-8PRLT

今回は前後8PRにする。

その後、成田市内で、(オークション落札)タイヤ交換をできるところを探す。

現在、タイヤ販売店はオークションなどの持ち込みタイヤ対応しているところが多数あります。

オークションタイヤを発注して、タイヤ販売店宛に送る手配をします。

交換する日を、帰国日にすれば、タイヤ交換をして安心して自宅へ帰ることができます。

バーストタイヤ交換をした

タイヤ交換

帰国後、タイヤ到着をしていることを確認して、すぐにタイヤサービスへ直行。

タイヤ交換

予約済みなので、すぐに作業を開始。

タイヤ交換

バーストをしていなかった右リアタイヤも、このようにトレッドに亀裂が入っていた。

タイヤ交換

無事に新品タイヤに交換完了。

タイヤ交換

新品タイヤは本当に安心だ。

このようにタイヤは、トレッドに溝が残っていても、経年劣化でバーストする恐れがあります。

特に昨今は夏になると、猛暑、酷暑の日が続きます。

今年も7月になり、これから海の日、お盆休み、シルバーウィークと長い休みが続きます。

ぜひ、安心をしてドライブするために、タイヤ点検は怠らず、常に適切な空気圧のチェック、そして年月の過ぎているタイヤは、交換することをおススメします!

特に・・・古いスタッドレスを今シーズンはきつぶそうと思っている方!要注意ですぞ!!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人について

管理者

管理者:Yasu

「キャンピングカーアウトドアジュニアNET」 へようこそ!2002年よりこのアウトドアジュニアに乗って、あちこち出かけております。キャンピングカーは本当に自由で楽しいです。昨今はロードバイクの遠征に大活躍!アウトドアフィールドでお会いいたしましょう!

こちらの記事もいかがですか?

  1. キャンピングカーを購入しようと考えた時、普通の車を購入することとは違う点がいくつかあります。ちょ…
  2. 3連休の台風一過・・・皆さんのところは大丈夫でしたでしょうか。こんにちはYasuです。今年も終盤…
  3. キャンピングカーに家庭用エアコンやエアコンを付けるかどうかを悩まれる方は多いかと思います。こんに…
  4. なんだかんだで、とうとう3日目をむかえた。車中泊も2日目クリア。今日は晴れそう。そして、徳島県を抜け…
  5. ウチの暖房は昔ながらの灯油ストーブ。そいつの上にでかいヤカンがのっているので、リビングの加湿対策は万…
PAGE TOP