【 悲報 】 シートカバーにアイロン当てたら一発で溶けた・・・・ 【 悲劇 】

スポンサードリンク

シートカバーを洗濯した。すごいきれいになった!

喜んでカバーをクッションにかぶせようとしたのだが・・・・やっぱりというか、カバーが縮んでうまく入らない。

外すのも大変だったのに、縮んだら、入れるほうはさらに大変。

シートカバー

そんなことで悪戦苦闘していたら、嫁さんが・・「アイロンかけると縮み取れるよーー」と教えてくれた。

というわけで、ちょっとテストをしてみよう。

そしたら嫁さんが・・・

わーーーーーーごめーーーーん!!

エッ??なに???

マジか・・・一発で溶けた。

アイロン跡くっきり・・・・

悪いことに表側・・・・さらに手も入るくらい大穴。

裁縫

嫁さんは裁縫のプロ。

すぐにチェックをした。裏についているベルクロをちょっと外すと縫い目は目立たない。

そこで、このベルクロを外し、穴の開いた表側に取り付ければ、穴の開いた方が裏になる。

すぐに修理開始!

当て布をして縫い上げ、ベルクロを取り付けた図。

ばっちりじゃないかーー!

すべてのシートカバーが取り付けられた。マジきれい!

所定の位置に取り付けた。

すばらしい!新車時のようなきれいさ!!まじうれしーーー

シートカバー

これが洗濯前のシートカバー汚れている状態。

これが洗濯後のシートカバー!!

本当にきれいになった。やっぱ10年もほったらかしにしていると、かなり汚れることも分かった。

しかし、一発の洗濯でここまできれいになる。

ただ洗濯をするとシートカバーはかなり縮むことは覚悟しよう。

10個のシートカバーを外すのかなり大変だが、縮んだシートカバー取り付けはもっと大変。

ただ、アイロンをかけることは厳禁だ。

身をもって証明したので、コレを見ているあなたは絶対にやってはいけない。

シートカバーにアイロンは厳禁だ!!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人について

管理者

管理者:Yasu

「キャンピングカーアウトドアジュニアNET」 へようこそ!2002年よりこのアウトドアジュニアに乗って、あちこち出かけております。キャンピングカーは本当に自由で楽しいです。昨今はロードバイクの遠征に大活躍!アウトドアフィールドでお会いいたしましょう!

こちらの記事もいかがですか?

  1. 明日は、今年3本目のブルべへエントリー房総半島を縦断するブルべだ。スタートは船橋。というわけ…
  2. というわけで、今回の四国88ヶ所軽自動車貧乏お遍路、相棒となったダイハツ・アトレー君だ。たぶん2代目…
  3. 高知市内、そして高知駅から一番近い竹林寺へ行きます。このお寺へ行くには、また小高い山へ登る必要があり…
  4. FIAMMAサイクルキャリア3台積みだ!このところ、家族でロードバイクの練習、レースに行くことが…
  5. キャンピングカーアウトドアジュニアにはFIAMMAサイクルキャリアが搭載されている。ロードバイク…
PAGE TOP